浜松医科大学医学部附属病院

施設案内

Facility Guide

腫瘍センター

センター長 教授 中村 和正

 浜松医科大学医学部附属病院は、質の高いがん診療を提供することができるように国が指定したがん診療連携拠点病院であり、静岡県におけるがん診療の拠点のひとつとして活動しています。
 浜松医科大学医学部附属病院は、がん診療連携拠点病院の責務として、悪性腫瘍に対する手術療法、薬物療法、放射線治療などの高度な治療法の実践や開発を行っています。腫瘍センターは、これらの先進的・集学的がん診断・治療の充実を図るとともに、臨床腫瘍医学および教育に関連した病院機能を整備するために設立されました。業務として、専門的な知識及び技能を有する医師等の育成と研修の実施、緩和ケアの提供体制の構築、がん登録の推進、がん医療の地域連携や相談支援、情報提供等を行なっています。
 浜松医科大学医学部附属病院腫瘍センターは、これらの活動を通して、静岡県のがん診療の発展に貢献していきたいと考えています。