浜松医科大学医学部附属病院

本院について

University Hospital Introduction

病院長挨拶

 



     病院長 松山幸弘


『抱負』

 令和2年4月から浜松医科大学医学部附属病院長を拝命しました。病院長就任にあたりご挨拶申し上げます。本年からの病院運営方針と病院長としての心づもりを述べたいと思います。
 私は整形外科教授併任で病院長職を担うことになりますので、副病院長の強力な協力のもとに指揮をとっていく必要があります。そこで副病院長には、4名の教授と看護部長を含めた5名にご就任いただきました。広報・渉外担当に堀田教授、運営・管理担当に三宅教授、教育・研修担当に中村教授、リスクマネジメント担当に竹内教授です。この4名の教授に患者サービス担当の佐々木看護部長を加えた5人の副病院長の協力のもと、これから2年間病院運営に取り組んで参ります。それぞれの執行部員が、それぞれのタスクを極めて、そしてお互いに共有してゆくことで一体化し強い推進力が生まれると考えております。
 浜松医科大学医学部附属病院の果たすべき役割には、 ①医療提供機能の充実(診療)、 ②人材の育成(教育)、 ③高度医療・次世代医療の開発(研究)が挙げられます。これら3つの活動目標の達成は、 ひとつの要件が決定すると思います。それは活動に関わる「人」が一番大切である、人がいなければ達成できないという事実です 。
 戦国武将である武田信玄は「ひとは石垣、ひとは城」と言いました。ご存じのように信玄は強固な城を持たず、 遊撃する軍団を率いて戦国で勝ち抜きました。人と人の結びつきはどんな城より、 石垣よりも優るという実例です。立派な建物、 最新の設備によって病院が良くなる訳ではありません。その病院を構成する「人」が良くするのです。
 人材育成と言っても画一的な育成は望ましくないと考えています。人には様々な考えと生活があります。組織の一部になるのではなく、 一人ひとりがその持てる力を出して組織を支えることを期待します。一枚として同一なものはないジグゾーパズルのような、 個性を発揮しながら全体として一枚の絵になる組織を私は創りたいと思っています。

「変化を恐れず新しい潮流を」
 今後も患者さんや地域の期待に応えるためには、変化を恐れず、新しい潮流を自分たちで創造することが必要です。この地域では本院への信頼は厚く、ブランド力があると感じている方もいらっしゃるでしょう。しかし、ブランドは守りに入れば、すぐに陳腐化してしまいます。変わるリスクより変わらないリスクの方が大きいと肝に銘じ、職員には常に先陣を切って変わり続ける力を備えてほしいと願っています。患者さんにも医療者にも、「いつ来ても最新」と感じていただける病院になることこそ、私が期待する浜松医科大学医学部附属病院の未来像です。
 本院も情熱的で、常に感謝の気持ちを持ち、そしてチャレンジ精神旺盛なチームワークを目指したいと思います。質の高さに裏打ちされた最新の医療を患者さんに提供するために、精一杯努力いたしますので、ご理解とご支援を宜しくお願いします。