浜松医科大学医学部附属病院

受診についてメニュー
受診について

ホーム > 病院トップページ > 受診について > 各種検査のご案内

各種検査のご案内

生理検査

心電図検査 検査時間:3~5分

心電図検査

検査の概要
心電図は、心臓の収縮・拡張の運動を起こさせるのに必要な心臓の興奮過程や、その興奮のさめていく過程を電気的にみたものです。検査の際の痛みや電気で痺れることはありません。

検査上の注意
上半身は裸になって、ズボンをまくって、ストッキング等は脱いで、足首を出してください。検査中は脚を少し開いて全身の力を抜き、気楽に寝ていてください。

トレッドミル検査 検査時間:30~40分

トレッドミル検査

検査の概要
安静時にはみられなかった変化を運動負荷によって誘発して、潜在性の心疾患を診断したり、心病変があるのは承知の上で、リハビリテーションや治療効果を検討する目的で行われる検査です。心電図の変化を観察しながらベルトコンベアーのうえを歩いてもらう検査です。

検査上の注意
当日は、運動のできる服装をご用意ください。
女性の方は、着物・ワンピースを避けてください。
検査前に安静時間が必要ですので、予約時間の30分前にはご来院ください。

ホルター心電図検査 装着説明:15分 検査時間:24時間

ホルター心電図検査

検査の概要
時間帯・行動等による心電図の変化を24時間記録するもので、弁当箱大の記録器を腰に装着して過ごしていただきます。

検査上の注意
この間の日常生活は支障なく行えますが、入浴・シャワー・電気毛布・携帯電話等の使用はできません。また激しい運動、力仕事はできるだけさけてください。装着に少し時間のかかる検査ですので、時間厳守でご来院ください。

脳波検査 検査時間:50~60分

脳波検査

検査の概要
脳波は、大脳皮質の表層に生ずる電位変動を頭皮上電極から、記録するもので、大脳機能の指標のひとつとして考えられています。

検査上の注意
頭皮をきれいに洗い、整髪料はつけないでください。睡眠時の脳波検査が必要ですので、検査当日は普段より早く起床し、検査予約時間までの間、うたた寝、お昼寝等はしないで下さい。薬物睡眠の場合、検査終了後も薬物の影響が残ることがありますので必ず付添い人を同行させてください。

服薬は、主治医の指示に従ってください。食事は、普通に食べてきてください。あまり空腹すぎるとよくありません。検査時間が長いので、尿・便をすませてください。検査前に安静時間が必要ですので、予約時間の30分前にはご来院ください。

肺機能検査 検査時間:15~20分

肺機能検査

検査の概要
肺の主たる機能は生体の需要に合った酸素を外気より取り入れ、また、生体の物質代謝の結果生じた炭酸ガスを体外に排出するいわゆるガス交換機能です。この肺の機能を検査するものです。少し要領を要す検査ですので、技師の指示に従って呼吸してください。

検査上の注意
食事直後・運動直後はさけてください。
身体をしめつける服装は検査のさまたげになります。なるべくゆったりしたものを着てご来院ください。検査前に安静時間が必要ですので、予約時間の30分前にはご来院ください。

超音波検査

心臓超音波検査 検査時間:20~30分

心臓超音波検査

検査の概要
胸の上に探触子をおき、心臓内へ超音波を投入することにより心臓内の構造物や血流を同定する検査です。苦痛を伴う検査ではありません。

検査上の注意
服薬は、主治医の指示にしたがってください。
食事は普通に食べてきて下さい。あまり空腹すぎるとよくありません。検査前に安静時間が必要ですので、予約時間の30分前にはご来院ください。

腹部超音波検査 検査時間:20~30分

腹部超音波検査

検査の概要
超音波を用いて体の内部を観察する検査です。放射線部では乳腺や頸部、腹部、骨盤部を対象とする超音波検査を担当しています。皮膚表面に超音波ゲルと呼ばれるゼリー状のものを塗布し、超音波プローブを押し当てて画像を得ます。放射線被曝がなく、苦痛の伴わない検査です。ときに超音波造影剤を注射して検査することがあります。

検査上の注意
腹部の検査の場合は、検査前の食事はとらないで下さい。膀胱や子宮、 前立腺といった骨盤臓器検査の時には膀胱に尿を貯めて検査をいたします。そのような場合には検査直前に排尿しないようにお願いいたします。検査10分前までに地下1階、MR受付においで下さい。超音波検査は放射線部以外の病院の各部署でも行っておりますので、ご注意下さい。

放射線検査

胃・十二指腸X線検査 検査時間:15~30分

放射線検査

検査の概要
バリウムを飲んで頂いて胃や十二指腸の病気の診断をする検査です。検査台を起こしたり寝かせたり、また右を向いたり左を向いたりしていただきながら、バリウムの流れを観察し、もっとも適切な所でX線写真を撮ります。検査前に胃や十二指腸の動きを止めるお薬を注射します。発泡錠といって胃を空気で膨らませるお薬も飲んで頂ます。検査後は下剤を飲んで、バリウムを便とともに出して頂ます。

検査上の注意
前夜7時以降は検査まで飲食を避けて下さい。喫煙も避けて下さい。 妊娠中、または妊娠の疑いのある方は検査できないことがあります。必ず申し出て下さい。 検査10分前までに2階、放射線部受付においで下さい。

大腸X線検査 検査時間:15~30分

大腸X線検査

検査の概要
バリウムと空気を肛門から腸の中に送り込んで大腸の病気の診断をする検査です。検査台を起こしたり寝かせたり、また右を向いたり左を向いたりしていただきながら、バリウムの流れを観察し、もっとも適切なところでX線写真を撮ります。検査前に大腸の動きを止めるお薬を注射します。

検査上の注意
前日から検査に適した食事にして頂ます。詳しい事は予約時点で説明いたします。前夜に下剤を服用していただきます。
妊娠中、または妊娠の疑いのある方は検査できないことがあります。必ず申し出て下さい。
検査10分前までに2階、放射線部受付においで下さい。

CT検査 検査時間:10~20分

CT検査

検査の概要
X線を照射して得られた情報をコンピュータで処理して、体の内部の画像を得る検査です。体のほとんどの臓器が検査対象となります。造影剤の注射を行うことがありますが、ほとんど苦痛のない検査です。

検査上の注意
造影剤を使用することがわかっている場合には、検査前の食事はとらないで下さい。ただし、水、お茶はかまいません。
妊娠中、または妊娠の疑いのある方は検査できないことがあります。必ず申し出て下さい。
検査15分前までに地下1階、CT受付においで下さい。

MRI検査 検査時間:30~60分

MRI検査

検査の概要
強い磁石と電波を使って体の内部の画像を得る検査です。造影剤や検査のためのお薬を注射したり、腹部の検査では飲用の造影剤を飲んで頂く事があります。

検査上の注意
MRIで使われる磁石や電波は、普通の場合は人体への影響はありません。ただし、次のような方はMRI検査を受けられないことがありますので、主治医にあらかじめお知らせ下さい。

  • 心臓ペースメーカーをつけている方
  • 脳動脈クリップや人工関節が埋め込まれている方
  • 事故などで体内に金属がある可能性がある方
  • 妊娠中、または妊娠の疑いのある方
  • 閉所恐怖症など、狭いところが苦手な方


検査中は、木槌で木をたたくような連続音が聞こえてきます。うるさく感じるかもしれませんが、 体を動かすことなく辛抱して下さい。
検査室内に金属類、機械や磁気カードなどを持ち込まないようにしてください。
検査前に準備がありますので、検査時間の15分前までに地下1階、MRI受付においで下さい。

核医学検査 検査時間:15~40分

核医学検査

検査の概要
ガンマ線という放射線を出す微量のお薬を注射などによって体の中に入れ、臓器や病変部に取り込まれたお薬から放出されるガンマ線を体外のカメラで撮り、体の内部を調べる検査です。目的とする検査ごとにお薬が異なり、お薬を投与してから撮影までの時間も異なります。投与直後に撮影する場合もありますし、数時間後、あるいは数日後に撮影する検査もあります。脳血流を測る検査では腕の動脈から採血する場合があります。

検査上の注意
核医学検査で受ける放射線の量は他のX線を用いる検査とほぼ同じですが、次のような方は主治医に申し出て下さい。

  • 妊娠中、または妊娠の疑いのある方
  • 授乳中の方


検査10分前までに2階、核医学検査受付においで下さい。

内視鏡検査

内視鏡検査・治療

検査の概要
内視鏡検査は内腔を有する臓器(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、気管支)の中に先端にカメラが装着された柔らかいファイバースコープを挿入して内腔を観察する検査です。観察する場所に応じてそれぞれの内視鏡の太さは異なります。

検査上の注意

1.内視鏡観察による診断と組織生検による診断
それぞれの臓器の内腔表面の粘膜の隆起や陥凹、また色調の変化を見つけだし、必要に応じてその粘膜の組織をつまんで(生検)、その細胞を顕微鏡で観察し良性か悪性かを判定します。この際、内視鏡検査時に色素を散布して観察することもあります。小さながんを早期に見つけうる検査です。

  • 胃十二指腸内視鏡(一般には胃カメラと呼ばれています)
  • 小腸内視鏡
  • 大腸内視鏡
  • 気管支内視鏡などがあります。


2.内視鏡を用いた造影検査
内視鏡の先端から造影剤を膵管や胆管、胆嚢に注入して膵臓や胆道の診断に用います。

  • 内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)


3.内視鏡治療
内視鏡を使って表在のがんを切除したり、レーザー治療をする事ができます。また、出血を止めたり、腫瘍や炎症で狭くなった管腔を広げたり、胆管内の石を摘出する事もできます。