浜松医科大学医学部附属病院

施設案内

Facility Guide

ホーム > 病院トップページ > 施設案内 > 輸血・細胞治療部

輸血・細胞治療部

部長 准教授 小野 孝明

部長 病院教授 竹下 明裕

 輸血細胞治療部は、輸血と細胞治療分野の2つの役割を担う病院の中央診療部門です。輸血分野においては、院内における自己血輸血も含めた輸血療法の安全性を確保して適正使用を推進していくことが当部門の役割となります。当部門には日本輸血・細胞治療学会の認定輸血検査技師が3名在籍しており、経験豊富なスタッフが協力して病院全体の輸血療法を統括、管理しています。さらに各病棟で安全な輸血医療の知識を高めて、それが維持できるよう定期的に学会認定・臨床輸血看護師のサポートも得ながら院内ラウンドも行っています。一方、手術中の輸血製剤の迅速な手配も当部門の重要な任務です。特に、出血リスクの高い心臓血管外科や産科手術に対する輸血やクリオプレシピテート、フィブリノーゲン製剤の迅速な供給なども心がけています。

 細胞治療分野では、当院は東海地区でも数少ないCAR-T細胞療法:チサゲンレクルユーセル(商品名:キムリア)の提供可能施設です。高度な医療を提供することは、大学附属病院の重要な使命であり、困っている患者さんのニーズに応えられなければなりません。当部門では、CAR-T細胞、自家末梢血幹細胞移植や臍帯血移植も含めた細胞治療において採取、処理、保管、出庫を一元管理して診療科と共に先端医療を推進するだけでなく、それが安全に遂行できるように努力しています。