浜松医科大学医学部附属病院

施設案内

Facility Guide

最新情報

WEB配信 2020年度市民公開講座「もっと知ろう!肝臓病」


     ↓ ↓ ↓ ご覧になりたい方はこちらをクリック ↓ ↓ ↓

    WEB配信 2020年度市民公開講座「もっと知ろう!肝臓病」

    こちらを読み込んでいただいても、ご覧いただけます。→


配信期間:2021年2月15日(月)から3月14日(日)


~講演内容~
講演1 
演題:「ウイルス性肝炎について」
講師:伊藤 潤 先生(浜松医科大学医学部附属病院・肝臓内科診療助教)

講演2
演題:「脂肪肝について」

講師:則武 秀尚 先生(浜松医科大学医学部附属病院・肝臓内科助教)

講演3
演題:「肝がんについて」
講師:川田 一仁 先生(浜松医科大学医学部附属病院・肝臓内科診療科長 )

~問合せ先~

浜松医科大学医学部附属病院 肝疾患連携相談室 TEL053-435-2476 

      

2020年7月28日 日本肝炎デー(世界肝炎デー)

「日本肝炎デー」とは

 2010年に世界保健機関(WHO)は、世界レベルで、ウイルス性肝炎のまん延を防止して、肝炎ウイルスに感染している患者さんに対する差別。偏見を解消するとともに、感染予防を推進する目的に7月28日を"World Hepatitis Day"(世界肝炎デー)に設定しました。

 我が国日本では、肝炎対策基本法に基づき2011年5月に制定された肝炎対策基本指針において、5月の肝臓週間を7月28日を含む週の月曜日から日曜日に変更して、世界との連携を強化し、ウイルス肝炎をはじめ肝疾患の啓発活動を推進するべく、日本肝炎デーの設定が定められており、2011年WHOが開始した「世界肝炎デー」と同一である7月28日を2012年から日本肝炎デーと定め、肝炎ウイルス検査の受検勧奨、新たな感染予防のため、すべての国民に対して、予防、治療に係る正しい理解が進むよう普及啓発及び情報提供を推進することになりました。



★院内における世界肝炎デー及び肝臓週間に関する普及啓発活動について★


世界肝炎デー及び肝臓週間に合わせて、令和2年7月27日(月)から7月31日(金)まで院内普及啓発活動を行いました。
例年は、院外において市民公開講座・街頭キャンペーンを行っておりましたが、今年は新型コロナ感染症の感染拡大防止のため、院内の活動となりました。

活動内容は、肝炎コーディネーター、肝臓内科医、看護師等が普及啓発用に作成したTシャツを着用するとともに、相談部門、入院・検査説明部門において配布物(瞬間冷却剤)を配布し、肝炎ウイルス検査の受検を呼びかけました。