浜松医科大学医学部附属病院

施設案内

Facility Guide

血液浄化療法部

血液浄化療法部

透析室入口

概要

血液浄化療法部では、腎臓の動きが悪くなった患者さんのために血液透析という腎臓の働きの一部を担う治療を行っています。当院では、これから透析療法を導入する患者さんや、手術・検査などの治療を目的とした入院患者さんを対象としています。
また、血液を体外に出して行う血液透析とは違い、自分のお腹の中の空間に(腹腔)に透析液を入れて行う腹膜透析も行っており、自分で自宅で治療が出来るように支援しています。
その他、自己免疫疾患や消化器疾患などの患者さんに対し、血漿交換や血球成分の除去といった血液浄化も行っています。
また、腎臓病の保存期には、透析室で療法選択の説明を行っています。上記の血液透析や腹膜透析の他、腎臓移植などのメリット・デメリットを説明させていただき、患者さんご自身がどの治療を選ぶのか手助けします。

血液浄化療法部看護師の役割


患者さんに合った物品の準備、機械・各種アラームの設定、そして定期的に血圧測定や各データ、患者さんの症状等をチェックし、患者さんが安全に血液透析を行える様に心がけています。
また、血液透析中患者さんは約4時間ベッドの上での安静を余儀なくされ、様々な苦痛を訴えます。その苦痛を出来るだけ軽減し、患者さんの安楽がはかれるよう努めています。
血液透析を導入された患者さんに、腎臓の働き、血液透析の効果や合併症、食事摂取についての注意点などわかりやすく説明しています。透析看護認定看護師が1名おり、より質の高いケアの提供が行われ、スタッフへも高い水準の指導を行っています。