浜松医科大学医学部附属病院

施設案内

Facility Guide

看護部教育体制

教育システム

教育理念

社会のニーズに応えられる大学病院の看護専門職として、倫理に基づいた、質の高い看護を提供できる創造性のある看護職を育成する。

教育方針

  • 社会人・専門職業人・組織人としての態度および人間性豊かな感性を備えた看護職員を育成する
  • 倫理的感性を高め、個人を尊重した看護実践ができる看護職員を育成する。
  • 科学的根拠のもとに論理的,創造的思考に基づく看護実践能力を段階的に育成する
  • 大学病院として先端医療・高度急性期医療を担い、安全で安心・信頼される医療を提供できる看護職員を育成する
  • 患者・家族のQOL向上を目指し、チーム医療を推進する看護職員を育成する
  • 主体的・自立的に自己のキャリア開発に取り組める看護職員を育成する
  • 看護実践を探求し、臨床看護研究ができる看護職員を育成する。
  • 社会貢献・地域貢献に対する役割と責務を果たせる看護職員を育成する。

教育体制

看護部全体と部署教育で、院内外の職員の教育をサポートします。
PNS(パートナーシップ・ナーシングシステム)で、新人を含む全スタッフの教育を支援します。特に新人看護師は知識・技術・態度については主にプリセプターが精神面をメンターがサポートします。

キャリアラダー

浜松医科大学医学部附属病院看護部のキャリアラダーは、「大学病院の看護職員としての基本姿勢と態度」を土台として、日本看護協会版「看護師のクリニカルラダー」を標準指標とした「看護実践能力」と、「組織的役割遂行能力」「自己教育・研究能力」を構成要素としⅠ~Ⅴの5段階のラダーで構成されています。
キャリアラダーに応じた部署におけるOJTと集合研修を実施しています。看護師各自が継続して自己研鑽を積み、看護師の成長のみならず、患者さんや地域にも還元できるように看護職のキャリアアップを支援します。