浜松医科大学医学部附属病院

施設案内

Facility Guide

ホーム > 病院トップページ > 施設案内 > 血液浄化療法部 > 静岡県HIV透析ネットワークについて

静岡県HIV透析ネットワークについて

ご挨拶

静岡県内人工透析施設代表者の皆様へ


浜松医科大学医学部附属病院 血液浄化療法部 病院教授
(静岡県腎不全研究会代表幹事/日本透析医会静岡県支部長)

加藤 明彦

「静岡県HIV透析ネットワーク」への施設登録のお願い


 全国においてHIV感染者数は年々増加傾向にあります。静岡県は外国人労働者の方も多く、HIV感染患者さんは累積で800名程度いると推定されます。HIV感染症は治療の進歩で生命予後が劇的に改善し、自分のライフスタイルに合わせた生活を地域で送ることができるようになってきました。その一方、最近はHIV感染患者さんの高齢化に伴う慢性合併症が問題となってきております。その中の一つに慢性腎臓病(CKD)があります。HIV感染患者さんの中には抗HIV薬などによって腎障害を来している方が多く、慢性維持透析が必要な方も増えてきており、HIV感染透析患者さんが安心して治療できる体制づくりが求められております。
 現在、厚生労働省からは全国の都道府県に対し、HIV感染患者さんの維持透析を行う透析施設のネットワーク作りが求められています。そこで静岡県健康福祉部との協議により、浜松医科大学医学部附属病院の血液浄化療法部と医療福祉支援センターが事務局となり、静岡県内のHIV透析施設のネットワークを構築することとなりました。
 先般、国立国際医療研究センター腎臓内科 日ノ下文彦先生が講演された「HIV感染透析患者の受け入れとネットワークの構築について」のスライドを基に、皆様向けの動画を作成しました。本ネットワークづくりの重要性についてご理解いただき、多くの皆様にご参加いただきますようお願いいたします。また、ご要望があれば、日ノ下先生に具体的な手順についての説明をお願いすることも可能ですのでご相談ください。
 尚、本ネットワークへの登録申請では、参加施設名は非公開とし、事務局のみで管理いたします。また、今回は参加施設の登録のみとし、実際に患者さんの受け入れをお願いする場合には、その都度ご相談させていただく形となっております。HIV感染透析患者さんが安心して透析治療を受けることができる体制を整備するため、各透析施設の皆様方のご協力・ご参加を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。



動画の視聴について

HIV感染患者さんの透析に関する下記の動画をご覧ください

 浜松医科大学オンデマンド 「静岡県におけるHIV透析患者の受け入れとネットワークの構築について」
 演者:浜松医科大学医学部附属病院 血液浄化療法部 加藤明彦
  ( http://od.hama-med.ac.jp/video/40/106

登録申請手順

静岡県HIV透析ネットワーク 登録申請書の提出をお願いします

 本ネットワークの登録申請では、参加施設名は非公開とし、事務局のみで管理いたします。
 また、今回は参加施設の登録のみとなります。実際に患者さんの受け入れをお願いする場合には、その都度ご相談させていただきます。
 下記の登録申請書に必要事項をご記入の上、本ネットワーク事務局へFAXまたは郵送でお送りください。

※ 静岡県HIV透析ネットワークへの登録完了後、本ネットワーク事務局よりメールにてご連絡いたします。   メールアドレスは本ネットワークの関連事項のみに使用します。
 

静岡県HIV透析ネットワーク 申請書.pdf PDF(134KB)
・提出先:〒431-3192 浜松市東区半田山一丁目20番1号
     浜松医科大学医学部附属病院静岡県HIV透析ネットワーク事務局
     (医療福祉支援センター内)FAX:053-435-2480



参考資料

HIV感染透析患者医療ガイド(改訂版)2019.pdf(厚労省エイズ対策政策研究事業2019.03.01発行)PDF(6.0MB)

HIV感染透析患者受入れに関する疑問にお答えします!!.pdf(同 2019年3月改訂版)PDF(1.0MB)

HIV感染患者透析医療ガイドライン.pdf(平成22年11月1日発行)PDF(1.8MB)

透析施設における標準的な透析操作と感染予防に関するガイドライン(五訂版).pdf(令和2年4月30日発行)PDF(2.8MB)



お問い合わせ

 浜松医科大学医学部附属病院 静岡県HIV透析ネットワーク事務局(医療福祉支援センター内)
  〒431-3192 静岡県浜松市東区半田山一丁目20番1号
  電話:053-435-2772  FAX :053-435-2480