浜松医科大学医学部附属病院

本院について

University Hospital Introduction

ホーム > 病院トップページ > 本院について > 本院の特色 > 専門職種のキャリアパス

専門職種のキャリアパス

 当院には、特定機能病院として、高度かつ先進的な医療をになっておりますが、それと同時に、医師だけでなく様々な医療専門職の育成と県内外への人材輩出が求められています。

 言い方を変えれば、「専門職種のキャリアパスを支援する」ことが、当院のミッションの一つであるということです。当院での実習あるいは勤務体験の中で多くのことを学び、浜松医科大学医学部附属病院の出身者として世界に羽ばたいてほしいと考えています。

 以下に、おもな専門医療職のキャリアパスに関して、当院でどのような対応を行っているのか記載します。

 ・医師 
 ・助産師・看護師 
 ・薬剤師 
 ・歯科医師 
 ・診療放射線技師 
 ・臨床検査技師 
 ・栄養士・管理栄養士 
 ・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士 
 ・臨床工学技士 
 ・事務系職員の専門職化に向けて




 医師

 ご存知のように、6年間の医学部教育ののち国家試験を通った医師は、「医師臨床研修制度」のもと、2年間の初期研修を「臨床研修病院」で行います。臨床研修病院では、それぞれの施設で策定されたプログラムに沿って、医師として基本的に習得すべき知識やスキル等の取得を目指します。その後、専門研修を経て「専門医」となる医師がほとんどです。

 当院は、「管理型臨床研修病院」として「協力型臨床研修病院」等と初期臨床研修医の指導に当たるとともに、新専門医制度では、全領域において、専門研修プログラムの基幹病院としての役割を担っています。また、当院は「卒後教育センター」を設置し、医師のキャリアパスを積極的に支援しています。

      詳しい情報は「卒後教育センター」ページへ 

 

 助産師・看護師

 助産師は看護師国家試験に合格したものが、助産学専攻科・助産師学校での教育を受けたのち、国家試験に合格することが必要です。看護師になるには、看護系大学(4年)、看護系短大(3年)や看護専門学校(3年)看護専門学校(3年)での教育を受けたのち、看護師国家試験に合格することが必要です。浜松医科大学は、看護学科・助産学専攻科・大学院などさまざまなキャリアパスへの対応が可能です。
 附属病院看護部は、地域医療を支える大学病院として、患者さんとご家族の思いに応え、信頼される「つなぐ看護」を大切に、高度先進医療と医療人の育成に積極的に取り組んでいます。特に力を入れていることは、看護実践力を高めるための「きめ細やかな教育と充実した教育環境」です。キャリアラダーにもとづいた多様な教育プログラムでは、専門職として質の高いジェネラリストの育成を目指しています。また、それに併せて、専門看護師・認定看護師、管理者へと進む道も支援しています。





 薬剤師

 薬剤師になるには、6年制の薬学教育を修了して、薬剤師国家試験に合格することが必要です。薬剤師のキャリアパスは、2006 年から薬学教育が 6年間になったことで大きく変わりました。従前、「調剤」主体の業務であったものが、臨床薬剤業務を重視する方向性が示されたことで、病院内での薬剤師業務の経験がその後のキャリアパスに大きく影響するようになりました。

 当院では入職後、薬剤師の基本である調剤業務一般を学ぶとともに、早期から臨床薬剤業務(病棟薬剤業務や薬剤管理指導)を実践し臨床能力を高めるとともに、認定や専門薬剤師への取得も積極的に取り組むことができます。また、薬学生の実務実習教育や、院内の医師や他のメディカルスタッフへの教育にも携わります。さらに、大学病院の特性を生かした臨床研究の実施や博士号の取得を目指すこともできます。これら、臨床業務、教育、研究のバランスが取れた研修サポート体制が充実しています。薬学部を卒業後、直ぐに地域の薬局チェーン店などで働くことは可能ですが、基幹病院での勤務経験が薬剤師のキャリアプランに大きく寄与するものと考えます。

       



 歯科医師

 歯科医師になるには、歯科大学もしくは大学歯学部(ともに6年制)を卒業して、歯科医師国家試験に合格したのち1年以上の研修を受けることが求められています。当院では、「歯科医師臨床研修プログラム」を策定し、1年間の臨床研修が受けられる環境を整備しています。また、「歯科口腔外科」としての病棟を有しており、歯科単独の医療機関とは異なる貴重な体験を積むことができます。上記「臨床研修プログラム」を修了した歯科医師の多くは、地域で開業することも多いですが、当院において専門研修や研究を続けることも可能です。

      



 診療放射線技師

 診療放射線技師になるには、診療放射線技師の養成課程がある4年制大学や短大、専門学校にて3年以上の教育を受け、そののち「診療放射線技師国家試験」に合格する必要があります。国家試験を合格後は病院等で働くことが一般的ですが、病院の規模によって業務内容は大きく異なります。当院のような大学病院では、放射線機器の種類や数も多く、より専門的な業務が求められます。また、地域に不足しがちな「放射線科医」も数多く勤務しており、診断や治療等に関する専門的知識の習得や学会活動等への参画なども可能です。将来的に小さな病院で単身勤務するに当たっても、当院のような大学病院で、医療安全や感染対策、各種医療情報の専門的な取り扱いを学びつつ、チーム医療の一員として勤務することがキャリアパスの構築に役立つものと考えます。

      




 臨床検査技師

 臨床検査技師とは、臨床検査技師養成課程(4年制大学、3年制短大または専門学校)を終了後、「臨床検査技師国家試験」に合格した臨床検査を専門とした医療技術者です。主な就職先として病院や検査センターがありますが、大学院に進学する者もいます。

 当院では、大学病院としてキャリアパスを可能とする環境が整っています。一般病院では臨床検査業務全般(検体検査および生理機能検査)を検査部で担当しますが、当院では検査部、病理部および輸血・細胞治療部へと専門化が進んでいます。また、医療安全や感染対策をはじめとする「チーム医療」へ参画しています。さらに、専門医による知識・技術および研究指導、多岐にわたる臨床検査専門認定資格取得のスキルアップ体制があり、研修会や学会への参加を推奨し、臨床研究への協力、認定施設としての卒後教育や学生教育も遂行しています。

       



 栄養士・管理栄養士

 栄養士は、大学や短大、専門学校の栄養士養成課程を修了・卒業し、都道府県知事から免許証が交付されることで資格が得られます。一方、管理栄養士は、管理栄養士の養成課程がある大学を経て国家試験に合格することが必要です。

 中小の病院では、調理師と栄養士の役割分担も十分でない施設を見受けられますが、当院を含む大学病院や地域における基幹病院では、「食事=治療」という基本的な考えのもと、複雑な病態を有する患者さんへの専門職種としての関わり(栄養指導等)を重視しています。実際には、入院直後の栄養評価に始まり、治療経過に応じた特別食の選択、そして退院時あるいは外来で栄養指導などに当たっています。また、チーム医療の一員として、「栄養サポートチーム(NST:Nutrition Support Team)」や「褥瘡対策チーム」、「呼吸サポートチーム」などにも参画しています。院内では、診療科の先生方の協力も得て、定期的な勉強会を開催するなど、大学病院の栄養管理部門として専門的人材の育成に努めています。

      



 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士

 リハビリテーションは、ラテン語での「re(再び)+ habilis(適した)」という言葉に由来しており、病気や外傷が主たる原因の心身の機能・構造障害や生活上の支障に対して,個人とその人が生活する環境を対象に専門多職種が連携し支援を行う総合的アプローチのことです。現場で対応する療法士(セラピスト)には、理学療法士(PT: Physical Therapist)や作業療法士(OT: Occupational Therapist)、言語聴覚士(ST: Speech Therapist)などがありますが,いずれも国家資格であり、理学療法士の養成課程がある大学あるいは短大、専門学校で3年以上学び、そののち国家試験に合格する必要があります。

 当院は、大学病院ということもあり急性期疾患の患者さんが数多く、研修内容は、超急性期・急性期のリハビリテーションが中心となりますが、市内の回復期リハビリテーション病院等とも適切な連携体制をとっています。

      



 臨床工学技士

 「臨床工学技士」は厚生労働大臣の免許を受けた「国家資格」の一つですが、他の医療専門職とは異なり歴史がまだ浅く、1987 年の「臨床工学技士法」制定に端を発しています。臨床工学技士は、臨床工学技士養成課程のある養成校(大学、短大、専門学校)での教育を受けたのち、国家試験合格後に医療機関等に勤務することが通常です。

 当院は大学病院ということもあり、スタッフ数も比較的多く、取り扱う医療機器も極めて多岐にわたるのが特徴です。全国的にも不足しがちな職種ではありますが、様々な実務をこなすことでスキルが高まる職種でもありますので、当院では、先ずはジェネラリストとしての研修を優先し、そののち専門領域に特化した研修が行える環境を整備しています。中小病院ではやや難しいキャリアプランの構築が可能な施設だと考えています。

      


 事務系職員の専門職化に向けて

 事務職員という言葉には「総務的」なイメージがありますが、当院の事務部門にも、専門業務に特化した事務職員が少なからずいます。具体的には、患者さんの各種相談に応じる「社会福祉士」や「精神保健福祉士」、診療情報等の保管・管理機能を担う「診療情報管理士」、病院情報システムの開発・運営・保守などを行う「医療情報技師」、そして、医師の事務作業等を補助する「医療クラーク」などです。

 病院によって、この種の事務系専門職への対応・処遇は様々ですが、当院では、事務部門に所属しつつ生涯教育等が継続できる環境の整備に努めています。