浜松医科大学医学部附属病院

診療科案内

Speciality Guidance

ホーム > 病院トップページ > 診療科案内 > 心臓血管外科 > 診断・検査・治療について

診断・検査・治療について

主として手術日は週3日(火、木、金)ですが、臨時手術には随時対応します。月水金曜日は、検査や外来診療にも従事しています。末梢血管疾患外来では下肢静脈瘤の外来治療(硬化療法等)も行っております。

得意とする診断治療

大動脈瘤手術:特に、ハイリスクのため限られた施設でしか施行されていない、胸腹部大動脈瘤手術や上行・弓部から下行大動脈にいたるような広範囲の大動脈瘤手術。また外科手術とステントグラフトを組み合わせたハイブリッド治療。
大動脈弁輪拡張症・閉鎖不全(逆流)症に対する弁温存・形成術。
心筋梗塞の結果発生した心不全に対する、左室縮小形成・僧帽弁形成術+冠動脈バイパス術。
僧帽弁閉鎖不全(逆流)症に対する僧帽弁形成術。大動脈弁狭窄症に対する弁置換術、経カテーテル大動脈弁置換術。
下肢静脈瘤に対する硬化療法、手術、血管内レーザー焼灼術。血管内レーザー焼灼術は日帰りでの治療が可能です。

主な対象疾患

  1. 大動脈疾患【大動脈瘤・大動脈解離】(だいどうみゃくしっかん)
  2. 虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)
  3. 弁膜症(べんまくしょう)
  4. 先天性心疾患(せんてんせいしんしっかん)

施設認定

  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設(指定施設)
  • 3学会構成心臓血管外科専門医認定機構認定修練施設(基幹施設)
  • 関連10学会構成日本ステントグラフト実施基準管理委員会 胸部大動脈瘤ステントグラフト実施施設・腹部大動脈瘤ステントグラフト実施施設
  • 日本脈管学会認定研修指定施設