浜松医科大学医学部附属病院

施設案内メニュー
施設案内

ホーム > 病院トップページ > 施設案内 > 臨床研究管理センター

臨床研究管理センター

センターの責任者と概要

センター長 梅村 和夫 教授(薬理学講座)


 くすりは、今や私たちの病気の予防や治療に欠かすことのできない大切なものです。新しいくすりは、何年もかけ、多くの方々の努力によって創り出されます。
『治験』とは、新しいくすりの効果と安全性を確かめるための臨床試験をいい、被験者の皆様のご協力のもとで行なわれます。当院臨床研究管理センターは、被験者の皆様の人権や安全を守り、適性な治験が実施されるよう、支援しています。

業務内容について

1.【臨床試験部・治験事務部】

臨床第2相から第4相までの治験のコーデイネートや治験事務局・IRB事務局を担当する。

2.【探索的臨床研究部】

産学連携による創薬や医師主導の臨床試験(治験)を行う。特に、非臨床から臨床への応用段階の臨床試験を行う。

主な特徴・特色について

  • 臨床第1相から第4相試験まで一貫して治験を行うことができる。
  • 治験を円滑に実施できるように専任クリニカル・リサーチ・コーデイネーター(CRC)が配置されており、内8名は日本臨床薬理学会の認定CRCである。
  • 新GCPに対応して、健常人や患者の人権を保護し、安全に、科学的に、信頼性が保証された臨床試験が実施できるよう支援している。

施設認定

  • ISO15189認定(検査部)