国立大学法人 浜松医科大学

教育

Education

臨床薬理学講座

教授 渡邉 裕司

臨床薬理学講座は平成5年に大橋京一教授により開講され、平成17年に渡邉が担当することになりました。臨床薬理学は、薬物とヒトとのあらゆる側面に関与する科学と定義され、その領域は、トランスレーショナルリサーチ、薬物動態・薬力学・薬理遺伝学などに基づく個別化薬物治療の実践、臨床試験や医薬品開発環境の体制整備を含み、国が政策として掲げる医療イノベーションの実現に向けても臨床薬理学に期待される役割は極めて大きくなっています。このような幅広い領域を担当する臨床薬理学について興味をもっていただければ幸いです。