浜松医科大学医学部附属病院

MENU
閉じる

ニュース

News

ホーム > 病院トップページ > ニュース一覧 > 宗教的理由等による輸血治療を拒否される方に対する本院の基本方針について

宗教的理由等による輸血治療を拒否される方に対する本院の基本方針について

 本院では、基本理念の一つに、「患者さんの意思を尊重した安心・安全な医療の提供」を掲げています。その理念のもと、手術・治療等にあたっては以下の基本方針に基づき、 患者さんへの十分な説明と患者さんの意思確認を行い、診療を行います。また、救命のために必要と判断した場合は相対的輸血で対応しますのでご理解とご協力をお願いいたします。



「宗教的理由等による輸血治療を拒否される方に対する本院の基本方針」

1.無輸血治療を希望する患者さんには、その意思を尊重し可能な限り輸血に代わる方法をもって最善の治療を行います。
2.輸血以外に救命の手段がないと判断した際は輸血をすること(相対的無輸血治療)を基本方針とします。 3.緊急時、輸血以外に救命の手段がないと判断した際は、同意がなくても本院の責任で輸血をします。
4.「免責証明書」等、絶対的無輸血治療に同意する文書には本院の方針として署名しません。
5.絶対的無輸血治療を希望する患者さんには、以上の方針を十分に説明し、本院で診療を受けるか否かの判断をご本人にゆだねます。



相対的無輸血:
手術・治療にあたっては、できる限り輸血をしないこととするが、輸血以外救命手段がない事態になった場合は輸血をする。

絶対的無輸血:
手術・治療にあたっては、輸血以外に救命手段がない事態になっても輸血をしない。