浜松医科大学医学部附属病院

MENU
閉じる

ニュース

News

ホーム > 病院トップページ > ニュース一覧 > 第5回院内講演会を開催しました(令和3年11月12日)

第5回院内講演会を開催しました(令和3年11月12日)

 11月12日(金)、本学臨床講義棟大講義室において、第5回院内講演会を開催しました。今回は、遺伝子診療部 小島梨紗先生による「腫瘍領域の遺伝カウンセリング」、臨床検査医学講座 岩泉守哉先生による「遺伝子関連検査の結果が返ってきました。内容を患者さんに説明できますか?」と題して行われました。
 当日は、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、院内の医療従事者を対象とし、Web配信も行い、合計58名の職員が参加しました。小島梨紗先生から、遺伝カウンセリングで扱う内容について説明があり、カウンセリングは、がんを発症していない血縁者が遺伝的なリスクを知るきっかけとなり、予防、治療へとつながることなどを学ぶことができました。岩泉守哉先生からは、報告書の読み方について解説があり、報告書は主治医向けのため、患者さんへは分かりやすい言葉で説明する必要があることなどが伝えられました。会場での参加者は、熱心に聴講しており、今回の講演も院内医療従事者にとって理解を深める有意義な機会となりました。 
 今後も感染拡大防止策を徹底して院内講演会を開催していく予定ですので、関係する皆さんのご参加をお待ちしております。



(腫瘍センター)

(第5回院内講演会 開催概要)

第5回院内講演会

日時:令和3年11月12日(金)
   17時30分~18時30分
場所:臨床講義棟 大講義室(Web会議システムでの参加も可能)
対象:院内医療従事者


講演:

第一部
「腫瘍領域の遺伝カウンセリング」
 遺伝子診療部 遺伝カウンセラー 小島梨紗先生
第二部
「遺伝子関連検査の結果が返ってきました。内容を患者さんに説明できますか?」
 臨床検査医学講座 病院講師 岩泉守哉先生