浜松医科大学医学部附属病院

MENU
閉じる

ニュース

News

ホーム > 病院トップページ > ニュース一覧 > 令和3年度第1回緩和ケア講習会を開催しました

令和3年度第1回緩和ケア講習会を開催しました

 令和3年6月1日、本学臨床講義棟大講義室において令和3年度第1回緩和ケア講習会を開催しました。緩和ケアセンター 医師 北嶋諒先生から「Advance care planning ACPってなに?」と題して、講演を行いました。 超高齢化社会を迎え、人生100年とも言われる昨今において、最期をどこで迎えるかについて、患者さん、ご家族等への医療者(医療・介護等)の関わりが重要になってきています。参加者は、ご本人、ご家族の思いを理解したより良い選択のためのアプローチ、ACPの意味についてなど、熱心に聴講し、講演終了後の参加者アンケートでは、ACPの意味について理解できた、具体例があり分かりやすかった、繰り返し話し合うことの大切さを理解したなどの意見があり、有意義な講習会となりました。
 現在も対象者を院内に限定して開催していますが、今後も新型コロナウィルス感染拡大防止策を徹底して、緩和ケアに関する講習会を開催していく予定です。関係する皆さんのご参加をお待ちしております。



緩和ケア講習会の様子緩和ケア講習会の様子