浜松医科大学医学部附属病院

訪問者別 MENU
閉じる

ニュース

News

ホーム > 病院トップページ > ニュース一覧 > 電気自動車からの電力で人工透析が可能か否かを確かめる実証実験を行いました

電気自動車からの電力で人工透析が可能か否かを確かめる実証実験を行いました

 10月31日(土)、看護学科棟1階大講義室にて、本学看護学科基礎看護学講座の片山教授、大学院生の彦坂さん及び救急災害医学講座の吉野教授らが、電気自動車からの電力で人工透析が可能か否かを確かめる実証実験を行いました。災害などに起因する大規模停電の際、人工透析の治療継続は患者の生命維持の為に大きな課題となります。電力の確保が困難なクリニック等での治療継続に資するため、電気自動車からの電力や透析機器の安定的な運転が可能かどうかを確かめる目的で行ったものです。
 建物前に停車した電気自動車から外部電力を引き、屋内に設置した透析機器が稼働するか、また実際に人工透析が可能となるような安定した電力が供給できるか、各種測定装置を用いて計測しながら、実際に透析の機器が動くことを確認しました。

*人形はイメージであり、透析装置はつながっていません。