浜松医科大学医学部附属病院

診療科案内

Speciality Guidance

皮膚科

診療責任者 教授 戸倉 新樹

診療責任者 教授 戸倉 新樹

 浜松医科大学皮膚科学教室は1977年に開講した教室です。初代教授として山田瑞穂先生が赴任され、教室の礎を築かれ、また永々と続く教室の重要な研究テーマである皮膚リンパ腫研究を始められました。1990年からは第二代教授として瀧川雅浩先生(前 病院長)が就任され、皮膚免疫の研究が飛躍的に発展しました。2010年からは第三代教授として、私、戸倉新樹が就任し、現在に至っています。開講以来、田上八朗先生(東北大学 名誉教授)、古川福実先生(現和歌山県立大学 皮膚科学教授)、岩月啓氏先生(現岡山大学 皮膚科学教授)、森脇真一先生(現大阪医科大学 皮膚科学教授)も本講座の助教授または講師として本教室の発展に力を尽くされ、大きな足跡を残されました。戸倉は本学の助教授から産業医科大学皮膚科学教室に教授として転任し、8年間奉職した後、本学教授に再度転任しました。浜松医大皮膚科学教室は、皮膚科学を教え、研究を行っております。特に後期臨床研修に相当する期間では集中的に臨床教育と研究の手ほどきを行い、それ以降はさらに専門性の高い臨床教育・研究を一丸となって実現しています。研究テーマとしては、皮膚免疫・アレルギーが中心で、アトピー性皮膚炎、乾癬、光線過敏症、薬疹、脱毛症などを重点的に研究し、また皮膚リンパ腫、悪性黒色腫、癌免疫などの腫瘍性疾患も扱っています。これらに加え、より基礎的な免疫や皮膚病理を中心とする研究も行っています。臨床は当教室にとって非常に重要です。浜松医大皮膚科附属病院で皮膚疾患全般を扱い、かつ高度な先進的医療を提供しています。加えて特に重要なこととして、当教室は、静岡県の東部、中部、西部全域に渡り、20を超える基幹病院に30名を超える医局員を派遣し、これら病院と連携して皮膚科地域医療の中心的役割を担っていることです。すなわち静岡県という広域医療圏を担っており、その社会的使命は非常に大きいと言えます。活き活きとした環境で伸び伸びと臨床、研究、教育を行うことは当教室の目標とするところです。一人ひとりの患者の皆様の診療を真剣に行う結果として、臨床的研究が深みを持って達成されることを目標としております。