トピックス

ホーム > 病院トップページ > ニュース > 第18回静岡がん治療フォーラムを開催しました

第18回静岡がん治療フォーラムを開催しました


 平成28年2月18日(木)TKP浜松アクトタワーカンファレンスセンターにおいて、第18回静岡がん治療フォーラムを開催し、静岡県内の医療関係者59名の参加がありました。

第1部 教育講演「ロボット支援下胃癌手術」
     講師:浜松医科大学医学部外科学第二講座 助教 平松良浩
      教育講演「ロボット支援前立腺全摘除術の現況」
     講師:浜松医科大学医学部泌尿器科学講座 准教授 三宅秀明 

第2部 特別講演「悪性腫瘍に対するロボット支援~地域における貢献と影響~」
      講師:藤田保健衛生大学医学部腎泌尿器外科 教授 白木良一 

 第1部では、平松講師が外科からの視点で、三宅講師が泌尿器科からの視点で本院におけるロボット手術について報告があり、具体的な症例を挙げて紹介しました。
 第2部では、白木講師から藤田保健衛生大学におけるロボット手術の取り組みについて、現状や課題、マネジメント方法など詳しく説明がありました。


    教育講演の様子(平松講師)  教育講演の様子(三宅講師)  

教育講演の様子(平松講師)                 教育講演の様子(三宅講師)