浜松医科大学医学部附属病院

施設案内

Facility Guide

ホーム > 病院トップページ > 施設案内 > 輸血・細胞治療部

輸血・細胞治療部

部長 病院教授 竹下 明裕

部長 病院教授 竹下 明裕

 浜松医科大学附属病院輸血細胞治療部は病院内の輸血療法の安全性と適正化を目的とした中央診療部門で、臨床に密着した輸血医療の提供をしています。これまでの輸血療法は臨床医の経験に依存してきました。しかし、医療の細分化と専門性のなかで、臨床医個人が責任の持てる輸血療法の知識や時間にも限界があります。献血者から得られた貴重な輸血用製剤を安全に患者さんに提供するには、輸血に関する専門集団が必要とされています。この期待に応えるべく、院内全体の輸血療法を統括、管理しています。主たる業務として、1)病院内の安全かつ適正な輸血療法の指導、2)正確かつ迅速な輸血検査と適正な輸血製剤の管理、3)患者さんの輸血に関する様々な相談に対応する輸血相談室の設置、4)造血幹細胞移植や免疫療法、再生医療のための細胞処理、5)血液分画製剤の完全一元管理です。前3者は本院を訪れた患者さんに、より安全に輸血を受けていただくために必須であり、常に改善していくべきものと考えます。後2者は先進かつ適正な医療の提供を目指す大学附属病院に要求されるものと言えます。輸血療法は古くから行われている医療ですが、日進月歩している分野でもあり、現状に甘んじていれば、たちまち取り残され、不利益も生じます。先進医療を取り入れ、臨床医のニーズを踏まえ、患者さんに満足していただける輸血療法を実践していきたいと考えています。輸血療法に不安や疑問が生じた場合は、お気軽にご相談ください。