浜松医科大学医学部附属病院

施設案内

Facility Guide

ホーム > 病院トップページ > 施設案内 > 腫瘍センター > 緩和ケア > 緩和ケアチームの組織・体制

緩和ケアチームの組織・体制

緩和ケアチームの紹介

 当院は、がん診療拠点病院として、がんに対する治療を積極的に行っています。緩和ケアチームは、がん治療を受ける患者さんやご家族の、身体と心の苦しさを和らげ、治療や生活をより良くするためのお手伝いをする医療チームです。がん以外の病気の方でも、緩和ケアチームにご相談いただけます。緩和ケアチームには、医師、看護師、薬剤師をはじめとし、様々な職種の医療スタッフで構成されています。

緩和ケアチームの取り組み

 緩和ケアチームは、病気によって(1)疼痛・嘔吐・呼吸困難感・浮腫などの身体的症状・日常生活動作の支障、(2)不安・いらだち・抑うつ・せん妄などの精神・心理的症状、(3)在宅、ホスピス、介護施設といった療養の場の選択支援、(4)社会制度利用の紹介・支援(医療保険、介護保険・福祉制度)、(5)患者さん、ご家族のきがかりなこと、今後の生活に対するサポートなどを提供できるよう、様々な分野の専門家がチームを組んで診療にあたっております。
                                 
                                
どんなときに、緩和ケアチームに相談できるの?
・治療を受けているが、痛みがでてきた
・治療を始めたら、吐き気や下痢などの症状がでてきた
・食事が食べられなくなってきた
・気分の落ち込みや、何をする気にもならない
・治療のために仕事を辞めなければならないのか
・自宅での生活がうまくできなくなってきた
・退院して、自宅で余生を過ごしたい
身体や心の苦しさを感じたとき、いつでもご相談ください。


*希望される方は、各診療科の医師・看護師にご相談ください。
*がんの相談には、健康保険の適応となる「がん指導管理料」が発生する場合があります。