浜松医科大学医学部附属病院

診療科案内

Speciality Guidance

産科婦人科

診療責任者(事務取扱)病院長 金山 尚裕

産科部門(周産母子センター産科)・婦人科部門・不妊部門より構成されています。産科部門は、ハイリスク妊婦を含め、NICUと連携して胎児、妊婦に優しくかつ高度な管理を提供しています。また、麻酔科と連携して無痛分娩も取り扱っています。婦人科部門は、婦人科のすべての良性、悪性腫瘍の診断と治療を扱っています。日本婦人科腫瘍学会専門医、がん治療認定医機構認定医・暫定教育医の資格を有する専門医が在籍し、子宮がん、卵巣がんなどの悪性腫瘍の手術数症例が多いのが特徴です。放射線科など関連各科と連携し集学的治療も行っています。また、子宮頸がんの光線力学療法は国内で行っている施設は少なく妊孕性を維持した癌の治療法として力を注いでいます。また、主に良性疾患に対して、内視鏡手術専門医により低侵襲でかつ高度な内視鏡手術を行っています。不妊部門は、日本生殖医学会が認定した生殖医療専門医が在籍し、一般不妊治療から高度生殖補助医療まで幅広く行っています。体外受精や顕微授精で妊娠した後も、周産期チームで引き続き管理することが可能です。