浜松医科大学医学部附属病院

診療科案内

産科婦人科

科の責任者と概要

診療責任者(事務取扱) 松山 弘幸 病院長

産科部門(周産母子センター産科)と婦人科部門より構成されています。産科部門ではハイリスクの妊婦に対して近赤外線を用いた胎児、妊婦に優しくかつ高度高度な管理を提供しています。腫瘍部門は、日本婦人科腫瘍学会専門医、がん治療認定医機構認定医・暫定教育医の資格を有する専門医が在籍し、婦人科のすべての良性、悪性腫瘍の診断と治療を扱っています。子宮癌、卵巣癌などの悪性腫瘍の手術数症例が多いのが特徴です。また婦人科の悪性腫瘍では、放射線科など関連各科と連携し集学的治療を行っています。特に子宮頸癌の光線力学療法は県内で行っている施設は少なく妊孕性(「にんようせい」/ 妊娠のしやすさ)を維持した癌の治療法として力を注いでいます。子宮筋腫、子宮内膜症の内視鏡手術数は県内トップクラスです。内視鏡手術専門医により腹腔鏡による子宮全摘術など低侵襲でかつ高度な手術を行っています。また不妊部門では一般不妊治療から高度生殖補助医療まで幅広く行っています。不妊外来は日本生殖医学会が認定した生殖医療専門医が1名在籍しており、診察は専門の医師が行っています。体外受精や顕微授精で妊娠した後も、周産期チームで引き続き管理することが可能です。  

診断・検査・治療について

産科部門では麻酔蘇生科と連携し、全国大学病院としてはまだ少ない緊急手術対応のできる分娩室を設けています。さらに産科医、新生児科医、小児神経医のデータ共有化をはかり、児の長期経過観察と搬送元への情報のフィードバックならびに連携を行っています。産科部門はUTI腟坐剤による切迫早産治療、頸管熟化不全の治療、血栓傾向を有する妊婦に抗凝固療法をはじめとしたすべてのハイリスク妊娠分娩の管理をおこなっています。羊水塞栓症に関して血清診断の日本のセンターになっており羊水塞栓症診断の正確な情報を全国に提供しています。婦人科部門ではすべての婦人科の腫瘍(良性・悪性)を扱っています。子宮内膜症、子宮筋腫、良性卵巣腫瘍には腹腔鏡下手術を積極的に行っています。子宮頸癌の初期癌や前癌には光線力学療法(PDT)を積極的に行っています。不妊部門では体外受精、顕微授精、凍結胚移植などを積極的に行っています。当科で開発したエンゼルストークによる男性不妊の治療も積極的に行っています。高度肥満に伴う無月経および排卵障害に対しては、超低カロリー食事療法を入院管理にて行っています。

〔得意とする診断治療〕

ヒアルロン酸による難産治療、妊娠高血圧症候群、産科DIC、切迫早産管理、近赤外線による母体・胎児管理、卵巣癌・子宮癌根治手術、子宮頸癌光線力学療法、更年期障害、女性の生活習慣病、血栓症、腹腔鏡下手術(子宮筋腫、子宮内膜症、良性卵巣腫瘍など)、ホルモンを用いた女性のヘルスケア、体外受精-胚移植(IVF-ET)、顕微受精(ICSI)、融解胚盤胞移植、羊水塞栓症の診断(羊水塞栓症診断の全国センターとなっている)

主な対象疾患

  1. 正常妊娠・分娩 (せいじょうにんしん)
  2. 異常妊娠 ・分娩 (いじょうにんしん)
  3. 合併症のある妊娠・分娩 (がっぺいしょうのあるにんしん)
  4. その他、妊娠・分娩管理 (そのた、にんしん・ぶんべんかんり)
  5. 切迫流産・切迫早産 (せっぱくりゅうざん・せっぱくそうざん)
  6. 子宮頸癌・子宮体癌 (しきゅうけいがん・しきゅうたいがん)
  7. 子宮筋腫・子宮腫瘍 (しきゅうきんしゅ・しきゅうしゅよう)
  8. 子宮内膜症 (しきゅうないまくしょう)
  9. 卵巣癌 (らんそうがん)
  10. 卵巣嚢腫・卵巣腫瘍 (らんそうのうしゅ・らんそうしゅよう)
  11. 外陰部および腟の疾患 (がいいんぶおよびちつのしっかん)
  12. 更年期障害 (こうねんきしょうがい)
  13. 月経不順・排卵障害 (げっけいふじゅん・はいらんしょうがい)
  14. 不妊症 (ふにんしょう)

施設認定

日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
日本婦人科腫瘍学会専門医制度指定修練施設。/婦人科悪性腫瘍研究機構登録施設
日本周産期・新生児医学会母体胎児研修施設
日本生殖医学会連携研修施設