浜松医科大学医学部附属病院

診療科案内

歯科口腔外科

科の責任者と概要

診療責任者 加藤 文度 教授
  当科の専門領域は口腔がん、顎変形症、唇顎口蓋裂、顎顔面外傷、インプラント等であり口腔・顎,顔面の様々な疾患を対象としております。原則として、一般の歯科医院が行っている「齲歯(うし)」や「歯周病(歯槽膿漏)」の治療(一般歯科)は行っていません。ただし、全身的な病気がある人 や、麻酔薬が使えない人、障害を持つ人(障害者)など、歯科医院では治療が困難な場合には対応させて頂きます。当科は日本口腔外科学会認定専門医4名(同指導医4名含む)、日本がん治療認定医機構暫定教育医がん治療認定医1名、日本がん治療認定医機構がん治療認定医(歯科口腔外科)4名、日本レーザー医学会指導歯科医1名を有しています。

診断・検査・治療について

 当科では、口腔内の疾患を対象に広範な治療を行っております。中でも特に積極的に取り組んでいる疾患は、口腔がん、顎顔面外傷、唇顎口蓋裂、顎変形症です。これらの疾患はただ治癒すれば良いというものではなく、患者さんのQOLを考慮し機能的および審美的にも優れた治療が重要となります。

 口腔がん治療では、超選択的動注化学療法(がんの栄養動脈に直接抗腫瘍薬を投与する治療法)でがんを縮小させた後に切除する事により機能温存を図っています。しかし、大きく進行してしまったがんでは切除部位に身体の他の組織を移植(主に前腕皮弁、腹直筋皮弁、前大腿外側皮弁、腓骨皮弁)しなければ機能的治癒は得られません。当科では遊離皮弁による再建術(顕微鏡下での微小血管吻合、マイクロサージャリーの技術が必要)により拡大切除と再建を一回の手術で行っており良好な機能的回復を得ております。

 顎顔面外傷治療では、審美的回復のみならず咬合の回復が重要です。3次元CT、咬合模型から術前に精密に咬合状態を検討し、術後は受傷前と同様の咬合を回復させております。

 唇顎口蓋裂治療では、正常な構音機能を獲得するためには口蓋形成術での微細な軟口蓋の筋形成が必要です。このため手術は顕微鏡下で施行しており、ほぼ100%の患者さんが言語治療を必要としなくなりました。

 顎変形症治療では、下顎枝矢状分割術、Le Fort Ⅰ骨切り術、上下顎歯槽部骨切り術、等あらゆる術式が可能です。原則的に保険診療で行っております。

 インプラント治療は、徹底した清潔下にインプラント埋入手術を施行しております。御希望の患者さんには中央手術室で全身麻酔下に手術を行い、術後は病棟個室で過ごして頂く事も可能です。''''

得意とする診断治療

  • 口腔がん、顎変形症、唇顎口蓋裂、顎顔面外傷、インプラント(骨移植、サイナスリフト含む)

主な対象疾患

  1. 口腔がん
  2. 顎変形症
  3. 顎顔面外傷
  4. 唇顎口蓋裂
  5. 口腔良性腫瘍および嚢胞
  6. 炎症
  7. 歯牙欠損に対する補綴前手術やインプラント(骨移植、サイナスリフト含む)

施設認定

  • 日本口腔外科学会認定研修施設
  • 日本顎関節学会認定研修施設
  • 日本レーザー歯学会認定研修施設
  • 日本レーザー医学会認定研修施設
  • 日本口腔腫瘍学会認定研修施設