浜松医科大学医学部附属病院

診療科案内

放射線治療科

科の責任者と概要

中村和正教授

診療責任者 中村 和正 教授


 放射線治療科は、平成27年度より独立した診療科となりました。現在2名の放射線治療専門医が属しており、放射線科診療科群として放射線診断科と協力して、悪性腫瘍に対する高精度な放射線治療の実施に取り組んでいます。

 近年放射線治療は大きく進歩しており、副作用をより少なく、効果的に治療できるようになっています。放射線を外からあてる外照射では、治療装置の照射口の絞り機構(多分割絞り)により、腫瘍に合わせたX線の形を作って照射できます。さらに当科では、多分割絞りを同一照射野内で動かすことにより、最適な線量分布を形成する強度変調放射線治療(intensity-modulated radiation therapy, IMRT)、1回大線量を正確に集中して照射する定位放射線治療(stereotactic radiation therapy, SRT)、治療直前にターゲット位置を確認して照射する画像誘導放射線治療(image-guided radiation therapy, IGRT)などを実施しています。

 また、子宮頸癌や前立腺癌などを対象とする密封小線源治療、バセドウ病や甲状腺癌に対する放射性ヨード内用療法、転移性骨腫瘍に対するSr-89による疼痛緩和治療、悪性リンパ腫に対するY-90標識抗体治療も行っています。

 放射線治療科では、これらの最先端の技術を駆使して、地域医療に貢献することをめざしています。


診断・検査・治療について

 放射線治療科では、2名の放射線治療専門医に加え、放射線治療専門放射線技師 / 品質管理士3名とともに、高精度の放射線治療の実施に取り組んでいます。

[得意とする診断・治療 ]

放射線治療

 o 悪性腫瘍に対する外照射

 o 強度変調放射線治療(IMRT)、画像誘導放射線治療、定位放射線治療などの高精度放射線治療

 o 密封小線源治療
  子宮頸癌に対するIr-192高線量率腔内照射療法
  前立腺癌に対するI-125シード永久刺入療法

 o 核医学治療
  甲状腺癌、バセドウ病に対するI-131内用療法
  転移性骨腫瘍に対するSr-89による疼痛緩和療法
  悪性リンパ腫に対するY-90標識抗体治療



主な対象疾患

放射線治療


1. 外照射治療
  悪性腫瘍全般、ケロイドなどの一部の良性疾患
  前立腺癌、頭頸部癌などに対する強度変調放射線治療
  肺癌、肺転移、肝癌に対する体幹部定位放射線治療

2. 密封小線源治療
  子宮頸癌、前立腺癌

3. 核医学治療
  甲状腺癌、バセドウ病、転移性骨腫瘍、悪性リンパ腫



施設認定

日本医学放射線学会認定専門医総合修練機関