国立大学法人 浜松医科大学

教育

Education

臨床研修案内

精神科専門医(後期研修医)研修プログラム

 臨床と研究をバランスよく学ぶことができる「浜松医科大学精神科専門研修プログラム」を用意しました。特にコンサルテーション・リエゾン精神医学や精神療法や摂食障害治療、そして児童青年期精神医学の指導が充実し、世界トップクラスの精神医学研究にも触れることの出来る大学病院と、精神科救急や心理社会的療法や依存症治療、そして精神科リハビリテーションに代表される、地域精神医療が経験できる市中の医療機関の両方で幅広い研修を受けることができる、学内外の豊富な指導スタッフを揃えたプログラムです。

 日本精神神経学会は、精神科専門医の理念と使命としてそれぞれ、「精神医学および精神科医療の進歩に応じて、精神科医の態度・技能・知識を高め、すぐれた精神科専門医を育成し、生涯にわたる相互研鑽を図ることにより精神医療、精神保健の向上と社会福祉に貢献し、もって国民の信頼にこたえることを理念とする」、「患者の人権を尊重し、精神・身体・社会・倫理の各面を総合的に考慮して診断・治療する態度を涵養し、近接領域の診療科や医療スタッフと協力して、国民に良質で安全で安心できる精神医療を提供することを使命とする」と、述べています。

 「浜松医科大学精神科専門研修プログラム」は、この理念と使命を基に、静岡県内外の多くの医療機関の協力を得て作成したプログラムです。精神科医や児童精神科医を志す多くのみなさんが本プログラムでの研修を考えて下さることを心待ちにしています。

プログラムリーダー 浜松医科大学医学部精神科神経科 教授 山末 英典

指導医の所属学会

  • 日本精神神経学会精神科専門医研修施設(日本精神神経学会専門医指導医 8名)
  • 日本総合病院精神医学会特定研修施設(日本総合病院精神医学会 特定指導医 1名)

本プログラムの目標

① 患者や家族の苦悩を受け止める感性と共感する能力を有し、その問題点と病態を把握し、治療を含めた対策を立てることができる。

② 患者・ 家族をはじめ多くの職種の人々とのコミュニケ-ション能力を有し専門性を発揮し協働することができる。

③ 根拠に基づき、適切で、説明のできる 医療を行うことができる。

④ 臨床場面における困難に対し、自主的・積極的な態度で解決にあたり、患者から学ぶという謙虚な姿勢を備えている。

⑤ 高い倫理性を備えている。

⑥ 医師としてのプロフェッショナリズムとリサーチマインドの素養を修得する。

⑦ 静岡県の医療事情を理解し、地域の実情に合わせた実践的な医療を行えるようになる。

研修医週間予定表

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

8:30-9:00

入退院カンファレンス

入退院カンファレンス

入退院カンファレンス

入退院カンファレンス

入退院カンファレンス

9:00-12:00

ECT

週間サマリ作成

外来新患
(予診・陪席)

ECT

外来新患
(予診・陪席)

10:00-

音楽療法

外来新患
(予診・陪席)

10:00-

絵画療法

ECT

外来新患
(予診・陪席)

10:30-

森田療法

13:00-17:30

13:30-

教授回診

自己学習

摂食障害DC

病棟診察

病棟診察

摂食障害DC

病棟診察

摂食障害DC

17:30-

文献抄読会

症例検討会

研究ミーティング

プログラムの特徴

 浜松医科大学精神科の研修プログラムでは、精神科専門医や精神保健指定医の取得に必要な、統合失調症、気分障害、不安症、老年期精神障害、児童思春期精神障害、器質症状性精神障害の診断治療についての研修を受けることが出来ます。浜松医科大学附属病院精神科神経科での研修の特徴としては、豊富な思春期症例や、修正型電気けいれん療法やクロザピン治療などの高度な生物学的治療から、摂食障害の入院治療プログラムや認知行動療法や入院森田療法やEMDR(眼球運動による脱感作療法)などの多彩な精神療法まで、特色ある治療が行なわれている浜松医科大学附属病院精神科神経科で研修が出来ることです。さらに関連病院では、一般精神科臨床や地域の精神保健福祉や総合病院精神科などの研修から、精神科スーパー救急、児童精神医療、依存症治療、などの専門性の高い精神医療も含めて、一通りの臨床経験を積むことが可能である点が特長となっています。以下にそれぞれの特徴について紹介します。

(1) 豊富な指導陣、多数の連携施設

 本学精神科は、県内の各関連病院との連携・協働のもと、精神科医療の機能分化とネットワーク整備とを約20年かけて進めてきました。この本学精神科を中心とした緊密な連携は、近年の精神科専門研修にも生かされ、専攻医の希望に沿った自由度の高い専門研修システムが確立されています。本専門研修プログラムの特徴は、このような実績の上に立案されている点にあります。静岡県全域、または県外の多くの医療機関が連携施設になっているため、様々な指導医、環境のもとで臨床経験を積むことが可能です。連携施設の中には、精神科急性期、依存症、認知症など専門性が高い特色のある病院や、精神科有床総合病院、地域精神科医療を担う市中精神科病院など、様々なニーズにあった病院で研修することが可能です。

 当講座は教授交代に伴い平成28年6月から新しい体制となり、40代前半の教授を筆頭に大きく若返った体制になりました。一方で病棟の指導医クラスは皆15年以上の臨床経験を持っており、熱意を持って丁寧に指導にあたっています。

(2) 精神療法の指導体制

 本学は、国立大学附属病院では唯一の、入院による森田療法を行っている施設です。当院の森田療法の歴史は古く、この治療法に精通した医師や臨床心理士による指導を受けることができます。森田療法の勉強会も行っています。

 また、森田療法以外にも強迫症や気分障害などを主な対象とした複数の認知行動療法や、PTSDや解離性障害などの外傷性精神障害を主な対象としたEMDR(眼球運動を用いた脱感作および再処理法)などの専門的な精神療法も盛んに実践しています。基本的な考え方と技法を学び、指導を受けながら実践できる体制ができています。

(3) 児童思春期精神医学の経験

 本学は、我が国初の児童精神医学のための独立した講座、児童青年期精神医学講座を開設しており、児童思春期の症例を指導できるスタッフが充実しています。また、本学には子どものこころの発達研究センターが併設しており、児童思春期の精神科領域に関する研究を行っています。すなわち児童思春期精神医学の臨床と研究についてバランスよく指導を受ける事が可能です。

(4) 摂食障害の包括的治療

 本学は、平成27年度、厚生労働省により「摂食障害治療支援センター」が国内3ヶ所に指定されました。当科は精神科で唯一指定を受けた施設です。入院から外来・デイケア・家族教室に至る摂食障害の包括的治療について経験することが可能です。摂食障害治療の従事するコメディカルスタッフも多数おり、それぞれの立場から充実した指導を受けることができます。

(5) 刑事精神鑑定

 本学は、静岡県下の刑事精神鑑定を受け入れています。刑事精神鑑定を経験することで、司法精神医学について学ぶだけでなく、診断や刑事責任能力の有無について論理的に考える力を身につけることができます。そして、精神鑑定の質の向上にもつながります。

(6) 学術的な研修 --学会発表の指導--

 研修中に、精神科領域の学会発表、論文作成ができます。また、後期研修修了まではあくまでも臨床研修が優先になりますが、講座で主催している各種の研究会やミーティングに参加して、当講座で行っている世界でも最先端の脳画像研究や臨床介入研究に触れることが出来ます。また、基礎研究や臨床研究に従事することもできます。本プログラムでは、本学大学院に所属しながら研修を積むことも可能です。また、附属図書館を通じて豊富な文献検索などが可能であり、指導医のもとに科学的根拠(EBM)に基づいた医療が実践可能です。

研修コース

 研修は原則、1年目は浜松医大精神科で研修を行います。2年目以降は専攻に合った連係施設で研修することとなります。専門医研修と並行して大学院に進学することも可能です。学位は大学院に進んで取得するのが一般的です。

 本学は、MRI(Magnetic Resonance Imaging: 核磁気共鳴画像)やPET(Positron Emission Tomography: ポジトロン断層法)などの脳画像を使った精神症状の脳内メカニズムの解明や、オキシトシン経鼻剤の様な国内未承認薬の有効性を検証する研究にも力を入れており、世界でもトップクラスの臨床研究の実績を挙げてきたという点も特色です。

募集要項

採用予定数:10人(予定)

選考方法:面接

当院で後期研修を希望される方は、下記問い合わせ先にご連絡ください。

※採用予定数、採用に関する日程等については、変更が生じる可能性があります。

プログラム終了後の進路

 浜松医科大学精神神経科の基本方針は、まず、静岡県内の精神科医療の充実と向上にあり、静岡県内のほとんどの精神科病院が浜松医科大学精神神経科と関係があります。東海地区で精神科医療を志す研修医は、まず浜松医科大学精神神経科で臨床研修を行い、精神医学と障害者への考え方や姿勢を共有して精神科医療へ貢献してくれることを強く願っています。浜松医科大学精神神経科の研究は、国内の精神医学研究の領域において最高水準にあるとの評価を受け、AMEDの国家プロジェクトなどにおいても、この領域を代表してリードする役割を求められています。そのため、研究者、教育者としての道を進みたい方の要望にも十分応えられると思います。

問い合わせ先

浜松医科大学精神医学講座 和久田智靖 (研修担当)

TEL: 053-435-2295

FAX: 053-435-3621

Mail: wakuda@hama-med.ac.jp

初期研修医プログラム


 浜松医大精神科は卒後臨床研修を受け入れています。原則的に浜松医科大学臨床研修プログラムに準じた募集および研修内容となります。当病院の臨床研修プログラムの最も大きな特徴は、大学と市中病院のたすきがけを基本としているところで、先進的で高度な医療を経験できるとともに、地域医療なども含んだ総合的な一般医療も幅広く研修することが可能です。また、大学では、統合失調症や気分障害や器質症状性精神障害の急性期治療から、摂食障害の入院治療プログラムや入院森田療法や発達障害などの児童青年期精神医学まで、国内随一の幅広い臨床経験を積むことが可能です。研修内容などについてご質問などがあれば、浜松医科大学卒後教育センターにご連絡下さい。

問い合わせ先

浜松医科大学 卒後教育センター 初期研修支援係

E-mail:syoki@hama-med.ac.jp

TEL:053-435-2865/ FAX:053-435-2866

臨床心理士の研修について

 当講座では毎年、臨床心理研修生を受け入れています。研修(約2年)の目的は、精神疾患について幅広い知識を獲得し、様々な心理検査の実施と解釈、森田療法や認知行動療法といった精神療法を身につけることにあります。

 研修生は、主治医の指導のもと入院中の患者を担当し、うつ病、摂食障害、統合失調症、不安障害といった様々な精神疾患をもつ患者の治療に関与し、臨床経験を積んでいきます。担当患者の心理検査を施行することを通して、疾患特有の検査結果の特徴をつかむことができ、治療に心理検査を役立てていく方法を身につけていくことができます。

 精神療法の研修は、毎週行われる教授回診や、毎朝の主治医グループのカンファレンスを通じて、各疾患をもつ患者に対して行われている精神療法の過程や方針を見聞きすることから始まります。その後、自身が心理療法を実践していき、体験的に心理療法を身に着けていきます。

 当講座では、入院・外来での森田療法及び認知行動療法を積極的に行っています。入院森田療法に関しては、病棟での患者の様子をみながら具体的な治療プロセスを学んでいくことができます。加えて、定期的に開催される森田療法、認知行動療法の症例検討会に参加し、実践的な知識を身につけられます。

 また、近年様々な領域で関心を集めている発達障害児者に対するアセスメント法を学ぶこともできます。発達支援の基本として注目されているペアレント・トレーニングの実践講座への参加を通じて、本人のみならず家族に対する基本的な介入技法を学ぶ機会もあります。

 研修期間中に学会発表を行うことも可能です。研修を終了した方々の多くは、浜松医科大学精神科の関連病院で臨床心理士として活躍しています。公務員心理職や教育施設などの分野で活躍している方もいます。

 当講座で研修を受けた心理士は、日本臨床心理士資格認定協会が認定する臨床心理士資格試験の合格率が9割を超えています。これは、当講座での高い教育水準を反映していると私達は自負しております。教室には心理士の先輩が大勢おり、先輩が後輩の指導をしているほか、臨床実践について日頃から医師の指示・指導を受けています。

 心理士の需要は年々高まっており、臨床業務に限らず、学会発表や研究にも力を入れています。研究に興味のある方のご応募もお待ちしております。

浜松医大の研修で定期的に実施している講座

  • 職員、研修生合同での事例検討会(毎月1回)
  • 認知行動療法実践研修会(毎月1回)

浜松医大の研修で不定期で実施している講座

  • ロールシャッハ・テストの実施とスコアリング
  • ロールシャッハ・テスト事例検討会
  • WAIS-Ⅲ、WISC-Ⅳ等の陪席
  • 症状評価尺度(うつ病、統合失調症、強迫性障害、発達障害など)の実施方法
  • バウムテストについて
  • 不安障害への森田療法
  • 物質関連障害の治療
  • 人格障害の治療
  • 解離と自傷行為への対応
  • トラウマ治療の実際
  • 強迫性障害の治療
  • 集団精神療法の実際
  • スクールカウンセラーの仕事

研修スケジュールの一例

浜松医大での研修(教授回診・精神医学講座勉強会)

関連病院勤務

浜松医大での研修

浜松医大での研修

関連病院勤務

関連病院勤務

休日(※研究、学会の手伝い等が入ることがあります)

※外勤先および浜松医科大学にて日給で給与が支払われ、1年目は週4程度、2年目は週5程度の給与になります。1年目の1ヶ月の収入は16万ほどです。
※外勤先での心理検査の解釈、所見の書き方についても浜松医大の心理士の先輩が指導をします。
※その他、外勤先で困っていることなど適宜、相談できる体制が整っています。


研修生の進路

約2年間の研修を修了した心理士の多くは静岡県内の関連病院で働いています。その他、公務員試験を受けて、公務員の心理職に就いている方や県外の就職先で活躍している方もいます。


常勤

朝山病院/葉月クリニック/藤枝駿府病院/沼津千本病院/沼津中央病院/聖明病院/共立湖西病院/遠江病院/磐田市民病院/小笠病院/浜松市発達医療福祉センター/天竜病院/子どものこころの診療所/やきつべの径診療所/こひつじ診療所/グリューンメンタルクリニック/磐田市発達支援センターはあと/静岡県立こころの医療センター/静岡県立こども病院/浜松市発達相談支援センター ルピロ/静岡市職員/浜松市職員/他県公務員心理職、他県大学病院職員 など

非常勤

静岡県立こころの医療センター/城北公園クリニック/朝山病院/メンタルクリニック・ダダ/ダダ第二クリニック/川口会病院/浜松医療センター/天竜病院/浜松労災病院/子どものこころの診療所/神経科浜松病院/三方原病院/葉月クリニック/たまゆらメモリークリニック/小池神経科/遠江病院/磐田原病院/岡本クリニック/菊川市立総合病院/川口会病院/富士市立総合病院/三島森田病院/紘仁病院/磐田市民病院/磐田市保健所/西部児童相談所/浜北保健センター/浜松市スクールカウンセラー/静岡市スクールカウンセラー/静岡県スクールカウンセラー/常葉大学学生相談室カウンセラー/静岡大学附属中学スクールカウンセラー/聖隷クリストファー高校スクールカウンセラー/浜松市立看護専門学校スクールカウンセラー/常葉大学 非常勤講師/静岡医療科学専門学校 非常勤講師 など

募集要項

研修期間 約2年間 


募集人員 8名程度


研修開始 2020年4月より


応募資格

・公認心理師受験資格保持者(現任者を含む)であること。
・体力に自信があり、浜松市もしくはその近郊での非常勤勤務が可能であること。
・車での移動が可能であること。


出願手続き

応募方法

下記メールアドレスに必要事項を記入の上、送信後、以下の書類を郵送して下さい。

hama_psy_psycho@yahoo.co.jp

〈必要事項〉

件名:臨床心理研修生応募申込

内容:①氏名(ふりがな)②所属先③連絡先(メールアドレスおよび携帯番号)

必要書類

1. 履歴書
2. 「浜松医科大学の研修に期待すること」と題して自筆400字以内の小論文

書類郵送先

〒431‐3192 静岡県浜松市東区半田山1丁目20番1号
浜松医科大学精神医学講座
井上淳 宛

  ※必要書類は10月末日までにご郵送ください。  

選考方法/日時 応募につき書類審査後、11-12月ごろに面接試験を実施する予定です。


合格者決定  面接後、書面またはメールにてお知らせします。