国立大学法人 浜松医科大学

教育

Education

臨床研修案内

精神科専門医(後期研修医)研修プログラム

 臨床と研究をバランスよく学ぶことができる「浜松医科大学精神科専門研修プログラム」を用意しました。特にコンサルテーション・リエゾン精神医学や精神療法や摂食障害治療、そして児童青年期精神医学の指導が充実し、世界トップクラスの精神医学研究にも触れることの出来る大学病院と、精神科救急や心理社会的療法や依存症治療、そして精神科リハビリテーションに代表される、地域精神医療が経験できる市中の医療機関の両方で幅広い研修を受けることができる、学内外の豊富な指導スタッフを揃えたプログラムです。

 日本精神神経学会は、精神科専門医の理念と使命としてそれぞれ、「精神医学および精神科医療の進歩に応じて、精神科医の態度・技能・知識を高め、すぐれた精神科専門医を育成し、生涯にわたる相互研鑽を図ることにより精神医療、精神保健の向上と社会福祉に貢献し、もって国民の信頼にこたえることを理念とする」、「患者の人権を尊重し、精神・身体・社会・倫理の各面を総合的に考慮して診断・治療する態度を涵養し、近接領域の診療科や医療スタッフと協力して、国民に良質で安全で安心できる精神医療を提供することを使命とする」と、述べています。

 「浜松医科大学精神科専門研修プログラム」は、この理念と使命を基に、静岡県内外の多くの医療機関の協力を得て作成したプログラムです。精神科医や児童精神科医を志す多くのみなさんが本プログラムでの研修を考えて下さることを心待ちにしています。

プログラムリーダー 浜松医科大学医学部附属病院精神科神経科 教授 山末 英典

詳細は、こちら をご覧ください。

初期研修医プログラム


 浜松医大精神科は卒後臨床研修を受け入れています。原則的に浜松医科大学臨床研修プログラムに準じた募集および研修内容となります。当病院の臨床研修プログラムの最も大きな特徴は、大学と市中病院のたすきがけを基本としているところで、先進的で高度な医療を経験できるとともに、地域医療なども含んだ総合的な一般医療も幅広く研修することが可能です。また、大学では、統合失調症や気分障害や器質症状性精神障害の急性期治療から、摂食障害の入院治療プログラムや入院森田療法や発達障害などの児童青年期精神医学まで、国内随一の幅広い臨床経験を積むことが可能です。研修内容などについてご質問などがあれば、浜松医科大学卒後教育センターにご連絡下さい。

問い合わせ先

浜松医科大学 卒後教育センター 初期研修支援係

E-mail:syoki@hama-med.ac.jp

TEL:053-435-2865/ FAX:053-435-2866

臨床心理士の研修について

 当講座では毎年、臨床心理研修生を受け入れています。研修(約2年)の目的は、精神疾患について幅広い知識を獲得し、様々な心理検査の実施と解釈、森田療法や認知行動療法といった精神療法を身につけることにあります。

 研修生は、主治医の指導のもと入院中の患者を担当し、うつ病、摂食障害、統合失調症、不安障害といった様々な精神疾患をもつ患者の治療に関与し、臨床経験を積んでいきます。担当患者の心理検査を施行することを通して、疾患特有の検査結果の特徴をつかむことができ、治療に心理検査を役立てていく方法を身につけていくことができます。

 精神療法の研修は、毎週行われる教授回診や、毎朝の主治医グループのカンファレンスを通じて、各疾患をもつ患者に対して行われている精神療法の過程や方針を見聞きすることから始まります。その後、自身が心理療法を実践していき、体験的に心理療法を身に着けていきます。

 当講座では、入院・外来での森田療法及び認知行動療法を積極的に行っています。入院森田療法に関しては、病棟での患者の様子をみながら具体的な治療プロセスを学んでいくことができます。加えて、定期的に開催される森田療法、認知行動療法の症例検討会に参加し、実践的な知識を身につけられます。

 また、近年様々な領域で関心を集めている発達障害児者に対するアセスメント法を学ぶこともできます。発達支援の基本として注目されているペアレント・トレーニングの実践講座への参加を通じて、本人のみならず家族に対する基本的な介入技法を学ぶ機会もあります。

 研修期間中に学会発表を行うことも可能です。研修を終了した方々の多くは、浜松医科大学精神科の関連病院で臨床心理士として活躍しています。公務員心理職や教育施設などの分野で活躍している方もいます。

 当講座で研修を受けた心理士は、日本臨床心理士資格認定協会が認定する臨床心理士資格試験の合格率が9割を超えています。これは、当講座での高い教育水準を反映していると私達は自負しております。教室には心理士の先輩が大勢おり、先輩が後輩の指導をしているほか、臨床実践について日頃から医師の指示・指導を受けています。

 心理士の需要は年々高まっており、臨床業務に限らず、学会発表や研究にも力を入れています。研究に興味のある方のご応募もお待ちしております。

浜松医大の研修で定期的に実施している講座

  • 職員、研修生合同での事例検討会(毎月1回)
  • 認知行動療法実践研修会(毎月1回)

浜松医大の研修で不定期で実施している講座

  • ロールシャッハ・テストの実施とスコアリング
  • ロールシャッハ・テスト事例検討会
  • WAIS-Ⅲ、WISC-Ⅳ等の陪席
  • 症状評価尺度(うつ病、統合失調症、強迫性障害、発達障害など)の実施方法
  • バウムテストについて
  • 不安障害への森田療法
  • 物質関連障害の治療
  • 人格障害の治療
  • 解離と自傷行為への対応
  • トラウマ治療の実際
  • 強迫性障害の治療
  • 集団精神療法の実際
  • スクールカウンセラーの仕事

研修スケジュールの一例

浜松医大での研修(教授回診・精神医学講座勉強会)

関連病院勤務

浜松医大での研修

浜松医大での研修

関連病院勤務

関連病院勤務

休日(※研究、学会の手伝い等が入ることがあります)

※外勤先および浜松医科大学にて日給で給与が支払われ、1年目は週4程度、2年目は週5程度の給与になります。1年目の1ヶ月の収入は16万ほどです。
※外勤先での心理検査の解釈、所見の書き方についても浜松医大の心理士の先輩が指導をします。
※その他、外勤先で困っていることなど適宜、相談できる体制が整っています。


研修生の進路

約2年間の研修を修了した心理士の多くは静岡県内の関連病院で働いています。その他、公務員試験を受けて、公務員の心理職に就いている方や県外の就職先で活躍している方もいます。


常勤

朝山病院/葉月クリニック/藤枝駿府病院/沼津千本病院/沼津中央病院/聖明病院/共立湖西病院/遠江病院/磐田市民病院/小笠病院/浜松市発達医療福祉センター/天竜病院/子どものこころの診療所/やきつべの径診療所/こひつじ診療所/グリューンメンタルクリニック/磐田市発達支援センターはあと/静岡県立こころの医療センター/静岡県立こども病院/浜松市発達相談支援センター ルピロ/静岡市職員/浜松市職員/他県公務員心理職、他県大学病院職員 など

非常勤

静岡県立こころの医療センター/城北公園クリニック/朝山病院/メンタルクリニック・ダダ/ダダ第二クリニック/川口会病院/浜松医療センター/天竜病院/浜松労災病院/子どものこころの診療所/神経科浜松病院/三方原病院/葉月クリニック/たまゆらメモリークリニック/小池神経科/遠江病院/磐田原病院/岡本クリニック/菊川市立総合病院/川口会病院/富士市立総合病院/三島森田病院/紘仁病院/磐田市民病院/磐田市保健所/西部児童相談所/浜北保健センター/浜松市スクールカウンセラー/静岡市スクールカウンセラー/静岡県スクールカウンセラー/常葉大学学生相談室カウンセラー/静岡大学附属中学スクールカウンセラー/聖隷クリストファー高校スクールカウンセラー/浜松市立看護専門学校スクールカウンセラー/常葉大学 非常勤講師/静岡医療科学専門学校 非常勤講師 など

募集要項

研修期間 約2年間 


募集人員 8名程度


研修開始 2020年4月より


応募資格

・公認心理師受験資格保持者(現任者を含む)であること。
・体力に自信があり、浜松市もしくはその近郊での非常勤勤務が可能であること。
・車での移動が可能であること。


出願手続き

応募方法

下記メールアドレスに必要事項を記入の上、送信後、以下の書類を郵送して下さい。

hama_psy_psycho@yahoo.co.jp

〈必要事項〉

件名:臨床心理研修生応募申込

内容:①氏名(ふりがな)②所属先③連絡先(メールアドレスおよび携帯番号)

必要書類

1. 履歴書
2. 「浜松医科大学の研修に期待すること」と題して自筆400字以内の小論文

書類郵送先

〒431‐3192 静岡県浜松市東区半田山1丁目20番1号
浜松医科大学精神医学講座
井上淳 宛

  ※必要書類は2020年1月31日(金)必着にてご郵送ください。  

選考方法/日時 応募につき書類審査後、面接試験を実施する予定です。


合格者決定  面接後、書面またはメールにてお知らせします。