国立大学法人 浜松医科大学

教育

Education

研究活動

研究

研究については、臨床教室ですが、基礎研究を積極的に行っております。リサーチマインドを持った臨床医を育てる目的でできるだけ研究テーマを持つようにしています。臨床研究においても、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)の脳腫瘍グループ、脳血管内治療グループ、さらには、パーキンソン病関連の臨床研究なども行っており、基礎・臨床とも様々な研究を行っています。

私たちは、脳疾患に対する基礎研究、臨床研究を行っており、遺伝子治療、腫瘍溶解ウイルス、分子標的薬、がんゲノム研究、脳血管障害、パーキンソン病など様々な研究を行っています。さらに、基礎と臨床の橋渡しをするトランスレーショナルリサーチを行っております。難波名誉教授時代からの研究テーマであるヒト脱落乳歯幹細胞(SHED)を用いた遺伝子治療の研究を中心に行っています。最近では腫瘍溶解ウイルスの研究をしております。さらに脳動脈瘤モデルを用いた脳卒中研究を行っています。

臨床研究においては日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)の脳腫瘍グループにも参加し、特定臨床研究を行っています。小児科とともに日本小児がん研究グループ(JCCG)にも入っており、新しい臨床研究にも参加していく予定です。

国際的には、NIH、ノースウェスタン大学、テキサス大学、トロント大学、Brigham Women's hospitalなどと共同研究をおこなってきました。