国立大学法人 浜松医科大学

教育

Education

新着情報

  • 2021年4月 諸岡先生が研究室に加わりました。
  • 2021年4月 鈴木優子先生が教授に就任されました。
  • 2021年3月9日 浦野哲盟教授最終講義が、本学特別講義室にて行われました。https://youtu.be/l59jjEPeM6g
  • 2020年11月 鈴木准教授筆頭著者の論文が二報掲載されました。◯ Suzuki Y, Sano H, Mochizuki L, Honkura N, Urano T.  Activated platelet-based inhibition of fibrinolysis via thrombin-activatable fibrinolysis inhibitor activation system. Blood Adv. 2020 Nov 10;4(21):5501-5511. doi: 10.1182/bloodadvances.2020002923. ◯ Suzuki Y, Tanaka H, Horinouchi T, Sano H, Honkura N, Unno N, Miwa S, Urano T. Fibrinolysis-resistant carbonylated fibrin detected in thrombi attached to the vascular wall of abdominal aortic aneurysms. Sci Rep. 2020 Nov 26;10(1):20728. doi: 10.1038/s41598-020-77582-1.
  • 2020年8月 基礎配属で6人の3年生が配属されました。
  • 2020年2月 浦野教授がVice Presidentを務められたGordon Conference - Plasminogen Activation and Extracellular Proteolysis(米国・ヴェンチュラ)にて、浦野教授、鈴木准教授、佐野助教、本蔵助教、望月さんが参加されました。
  • 2020年1月 浦野教授、鈴木准教授による線溶活性測定系の論文が掲載されました。 Urano T, Suzuki Y. Assessing plasminogen activation potential with global fibrinolytic assays.Res Pract Thromb Haemost. 2019 Dec 26;4(1):13-15. doi: 10.1002/rth2.12293. eCollection 2020 Jan.
  • 2019年11月 本蔵助教が令和元年度さきがけ「量子技術を適用した生命科学基盤の創出」分野において「非線形光学効果が照らす生体物質交換の仕組み」が採択されました。
  • 2019年10月 田中先生のAAAについての総説がが掲載されました。              Tanaka H, Zaima N, Kugo H, Yata T, Iida Y, Hashimoto K, Miyamoto C, Sasaki T, Sano H, Suzuki Y, Moriyama T, Shimizu H, Inuzuka K, Urano T, Unno N. The Role of Animal Models in Elucidating the Etiology and Pathology of Abdominal Aortic Aneurysms: Development of a Novel Rupture Mechanism Model. Ann Vasc Surg. 2019 Oct 15. pii: S0890-5096(19)30761-7. doi: 10.1016/j.avsg.2019.08.082.
  • 2019年9月 浦野教授によるtPAの分泌とPAI-1の関係についての総説が掲載されました。      Urano T, Suzuki Y, Iwaki T, Sano H, Honkura N, Castellino FJ. Recognition of Plasminogen Activator Inhibitor Type 1 as the Primary Regulator of Fibrinolysis. Curr Drug Targets. 2019;20(16):1695-1701. doi: 10.2174/1389450120666190715102510.
  • 2019年8月 基礎配属で6人の3年生が配属されました。
  • 2019年7月 浦野教授、鈴木准教授がISTH2019学術集会(メルボルン・オーストラリア)で発表しました。
  • 2019年4月 光医工学共同専攻大学院生として影山さんとNittyが研究室メンバーに加わりました。
  • 2019年3月 浦野教授の世界血栓症デーについての記事がCurrent Therapy 2019 Vol.37 No.3に掲載されました。Current Therapy 2019 Vol.37 No.3 276-281.pdf
  • 2018年10月 田中先生の論文が掲載されました。                      Tanaka H, Inuzuka K, Iida Y, Shimizu H, Unno N, Urano T. Proprotein Convertase Subtilisin/Kexin Type 9 Is Associated with Degenerating Adipocytes in Abdominal Aortic Aneurysm. J Oleo Sci. 2018 Oct 11;67(10):1355-1360. doi: 10.5650/jos.ess18131. Epub 2018 Sep 13.
  • 2018年10月 浦野教授のWorld Thrombosis Dayに関連した記事が、Biomed Central (BMC) のblogに掲載されました。https://blogs.biomedcentral.com/on-medicine/2018/10/13/world-thrombosis-day-wtd-hospitalization-cancer-earthquakes/
  • 2018年10月 浦野教授、鈴木准教授の線溶の制御機構についての総説が掲載されました。 Urano T, Castellino FJ, Suzuki Y.  Regulation of plasminogen activation on cell surface and fibrin. J Thromb Haemost. 2018 May 20. doi: 10.1111/jth.14157.
  • 2018年10月 浦野教授がロシア血栓止血学会(サンクトペテルブルグ)でKeynote Speakerとして発表しました。
  • 2018年9月 浦野教授、鈴木准教授が2nd Joint Meeting of ISFP and PA workshop(エジンバラ・英国)で発表しました。
  • 2018年8月 基礎配属で6人の3年生が配属されました。
  • 2018年7月 本蔵助教の論文が掲載されました。                        Honkura N, Richards M, Laviña B, Sáinz-Jaspeado M, Betsholtz C, Claesson-Welsh L. Intravital imaging-based analysis tools for vessel identification and assessment of concurrent dynamic vascular events. Nat Commun. 2018 Jul 16;9(1):2746.
  • 2018年4月 田中先生の論文が掲載されました。                        Tanaka H, Iida Y, Iwaki T, Suzuki Y, Sano H, Miyajima C, Zaima N, Sasaki T, Sumioka A, Hakamata S, Shimizu H, Umemura K, Urano T. Elevated Plasma Levels of LDL Cholesterol Promote Dissecting Thoracic Aortic Aneurysms in Angiotensin II-Induced Mice. Ann Vasc Surg. 2018 Apr;48:204-213.
  • 2018年4月 本蔵助教が着任し、望月先生が研究室メンバーに加わりました。
  • 2018年2月 Marionが研究室メンバーに加わりました。
  • 2018年2月 浦野教授がGordon Conferrence(カリフォルニア)で発表し、次期Vice Chairに選任されました。
  • 2018年1月 学生実習を行いました。
  • 2018年1月 基礎配属で6人の3年生が配属されました。
  • 2018年1月 田中助教の論文が掲載されました。                        Tanaka H, Unno N, Suzuki Y, Sano H, Yata T, Urano T.                   Hypoperfusion of the aortic wall secondary to degeneration of adventitial vasa vasorum causes abdominal aortic aneurysms. Curr Drug Targets. 2018 Jan 22.
  • 2017年11月 浦野教授がISTH Workshop(バンコク)で教育講演を行いました。
  • 2017年11月 田中助教の論文が掲載されました。
    Tanaka H, Unno N, Yata T, Kugo H, Zaima N, Sasaki T, Urano T.
    Creation of a Rodent Model of Abdominal Aortic Aneurysm by Blocking Adventitial Vasa Vasorum Perfusion. J Vis Exp. 2017 Nov 8;(129). doi: 10.3791/55763.
  • 2017年10月 武地先生の論文が掲載されました。
    Takechi D, Kuroda N, Dote H, Kim E, Yonekawa O, Watanabe T, Urano T, Homma Y. Better documentation in electronic medical records would lead to an increased use of lower extremity venous ultrasound in the inpatient setting: a retrospective study. Acute Med Surg. 2017 Jun 19;4(4):385-393. doi: 10.1002/ams2.289. eCollection 2017
  • 2017年7月 田中助教の論文が掲載されました。
    Tanaka H, Zaima N, Sasaki T, Yamamoto N, Inuzuka K, Yata T, Iwaki T, Umemura K, Sano H, Suzuki Y, Urano T, Setou M, Unno N. Lysophosphatidylcholine Acyltransferase-3 Expression Is Associated with Atherosclerosis Progression. J Vasc Res. 2017;54(4):200-208. doi: 10.1159/000473879. Epub 2017
  • 2017年3月 浦野教授と鈴木准教授のeditorialが掲載されました。
    Urano T, Suzuki Y. (editorial) Thrombolytic therapy targeting alpha 2-antiplasmin. Circulation 2017. 135:1021-1023 DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.117.026884