国立大学法人 浜松医科大学

教育

Education

教育活動

医学部では、「分子基礎医学」(鈴木、佐野、本蔵)、「生理学」(鈴木、佐野、本蔵)、「血液学」(鈴木)「栄養学」(鈴木)を担当している。

大学院では、「先端基礎医学特論」(鈴木)を担当している。

 

「生理学」

 生理学は、生体の機能を研究する学問であり、分子から細胞、組織、器官、個体にいたる広範囲な生命現象を対象とする。医学の基礎で理解しなくてはならない基本的な生理学の知識、考え方を学び、解剖学、生化学、薬理学、その他関連分野の知識とむすびつけ、個体全体としての統合的な働きのシステムを理解し、さらに、臨床医学の理解に応用できる学力をつけ、医師として必要な基本的生理学的事項を理解することを目的としている。
 神経生理学講座(福田教授)と分担し担当しており、本講座は、生体機能の発現に適切な内部環境を維持する神経性(自律神経)並びに体液性(血液、呼吸、循環、内分泌、腎臓、消化)調節機構を担当している。