国立大学法人 浜松医科大学

教育

Education

研究業績

五十嵐寛 業績

平成 6年 4月 1日 日本麻酔科学会麻酔指導医(指導医番号3013)
平成 8年 4月 1日 日本ペインクリニック学会 専門医(専門医第19970109号)
平成17年 3月 日本医学シミュレーション学会 理事
平成17年 7月 日本ペインクリニック学会 評議員
平成28年 9月 日本シミュレーション医療教育学会 理事
平成25年2月9-10 第8回日本医学シミュレーション学会学術集会 大会長(浜松市)
平成28年9月24日 第4回日本シミュレーション医療教育学会学術大会 大会長(浜松市)

学術論文

原著(欧文)
  1. Tokumine J, Matsushima H, Lefor AK, Igarash H, Ono K: Ultrasound-guided subclavian venipuncture is more rapidly learned than the anatomic landmark technique in simulation training. J Vasc Access. 16(2). 144-7. 2015.
  2. Igarashi H, Obata Y, Nakajima Y, Katoh T, Sato S: Syringe pump displacement alters line internal pressure and flow. Can J Anesth 52: 685-691, 2005.
  3. Kono S, Suzuki A, Obata Y, Igarashi H, Bito H, Sato S: Vasopressin and epinephrine are equally effective for CPR in an asphyxia rat model. Resuscitation 52: 215-219, 2002.
  4. Kono S, Suzuki A, Obata Y, Igarashi H, Bito H, Sato S: Vasopressin with delayed combination of NTG increases survival rate in an asphyxia rat model. Resuscitation 54: 297-301, 2002.
  5. Igarashi H, Sato S, Shiraishi Y: Saddle block using 10-20% tetracaine for patients with perineal pain due to recurrent rectal cancer. Anesthesiology 98: 781-783, 2003.
原著(邦文)
  1. 五十嵐寛、仲俊行、加藤孝澄:学習成果基盤型教育を念頭に置いたクリニカルクラークシップ~浜松医大麻酔科蘇生科での試み. 第一報(シミュレーションによる自己主導型学習) 日本シミュレーション医療教育学会雑誌 3: 30、2015.
  2. 安川文朗、五十嵐寛:教育資源の共有化と地域医療~医学シミュレーション教育の意義と医療経済的課題~ 医療経済研究 25.2, 99-113, 2013.
  3. 河野伸一, 尾藤博道, 小幡由佳子, 五十嵐寛, 鈴木 明, 佐藤重仁: ラット窒息モデルの心肺蘇生におけるエンドセリン1至適投与量の検討. 蘇生 21: 22-24, 2002.
  4. 鈴木明, 五十嵐寛, 増田邦男, 青木茂, 竹内欽哉, 白石義人: 帝王切開術中の子宮収縮薬が呼吸・循環系に及ぼす影響. 臨床麻酔18: 919-921, 1994.
  5. 五十嵐寛, 奥富俊之, 増田邦夫, 鈴木明, 白石義人: セボフルレン麻酔下におけるPGE1の腎に対する影響. 現代医療26: 17-21, 1994.

総説

  1. 五十嵐寛:成人教育と授業設計の観点から今後のセミナーを考える 日本臨床麻酔学会誌 36. 3, 339-344, 2016.
  2. 五十嵐寛、大嶽浩司(監修):短期研修医に何を学んでもらうか? 気道管理に強くなる 羊土社、pp217-221, 2016.
  3. 五十嵐寛、安宅一晃(監修):患者評価や鎮静・鎮痛法について 鎮静・鎮痛Q&A、羊土社、pp71-75, 2016.
  4. 五十嵐寛、横山正尚(監修):換気・挿管困難 麻酔科医のための周術期管理と合併症への対応 pp125-133, 2016
  5. 徳嶺譲芳、佐藤重仁, 五十嵐寛: 鎖骨下静脈穿刺ランドマーク法の原点.  LiSA 21-1, 54-57, 2014.
  6. 五十嵐寛、志賀隆(監修):医療安全とシミュレーション教育 実践シミュレーション教育 メディカル・サイエンス・インターナショナル、 pp86-91, 2014.
  7. 五十嵐寛:麻酔と気道確保②麻酔導入後の気道確保 日本臨床麻酔学会誌 34. 3, 459-463, 2014.
  8. 谷口美づき、五十嵐寛、奥富俊之・照井克生(編)産科麻酔シミュレータ 周産期麻酔 克誠堂出版、pp373-384, 2012.
  9. 駒澤伸泰、上農善朗、五十嵐寛、中川雅史、小澤章子、水本一弘:気道管理に関する診療ガイドライン(翻訳)臨床麻酔学会誌 33 (5) 843-871, 2013.
  10. 五十嵐 寛: ペインクリニック領域でのロピバカイン使用 日臨麻会誌 29 724-729, 2009.
  11. 石井康博、 五十嵐寛: LMA・声門上器具 私の疑問に答えて!うまく入らない時のコツを教えてください. LiSA 16-8 772-773, 2009.
  12. 内崎紗貴子、五十嵐寛: 挿管補助具 ブジー, スタイレット, 先端光付きスタイレット.「 ここがポイント!気道確保Q&A 」『麻酔科学レクチャー』 1巻3号 総合医学社 pp635-640, 2009.
  13. 五十嵐寛: 予測可能な気管挿管が困難な患者とその対応. オペナーシング 23(12): 61-68, 2008.
  14. 五十嵐寛: 気管チューブイントロヂューサ(ガムエラスティックブジ), チューブエクスチェンジャ. Anesthesia 21 Century 9:17-22, 2007.
  15. 五十嵐寛: 特集 :Difficult Airway 非侵襲的気道確保(1)ILMA, 気管チューブイントロデューサー, 食道閉鎖式エアウェイ. Anet (Anesthesia Network) 9 9-12, 2005.
  16. 五十嵐寛、佐藤重仁: リスクマネジメントとは. 坂田三允 (編) 精神看護エクスペール1. リスクマネジメント 中山書店、pp2-14, 2004.
  17. 五十嵐寛, 中島芳樹、森田耕司、佐藤重仁: 日本臨床麻酔学会第23回大会高機能患者シミュレータ・ワークショップ スパーローテートに備えて. 日臨麻会誌 24 340-345, 2004.
  18. 五十嵐寛: 第5章 安全対策・救急処置. 運動実践専門研修テキスト 第6版 175-182, 2002.
  19. 五十嵐寛: 医療訴訟. 佐藤重仁 (編) 術中覚醒-回避可能な麻酔の落とし穴, 真興交易, pp143-154, 2001.
  20. 五十嵐寛、数井暉久、佐藤重仁: 動脈瘤手術の麻酔「弓部大動脈瘤」. Anesthesia 21 Century 2 357-364, 2000.

報告書類

  1. 五十嵐寛、中島芳樹, 森田耕司, 佐藤重仁: スーパーローテートに備えて. 日本臨床麻酔学会誌 24 340-345, 2004.
  2. 五十嵐寛: James C Eisenach et al.: Cerebro spinal fluid norepinephrine and acetylcholine concentrations during acute pain. Anesth Analg 82 621-626, 1996. ペインクリニック 17: 638, 1996.
  3. 白石義人、酒井澄美子, 横山順一郎、 五十嵐寛、池野綾女、 木村健、森脇五六: 「手術室歩行入室」の勧め. 臨床麻酔 19 737, 1995.
  4. 五十嵐寛: 肺胞蛋白症に対する肺洗浄の麻酔管理. 臨床麻酔 19 1836, 1995.

外村和也 業績

学術論文

原著(欧文)
  1. Iwaki S, Hokamura K, Ogawa M, Takehara Y, Muramatsu Y, Yamane T, Hirabayashi K, Morimoto Y, Hagisawa K, Nakahara K, Mineno T, Terai T, Komatsu T, Ueno T, Tamura K, Adachi Y, Hirata Y, Arita M, Arai H, Umemura K, Nagano T, Hanaoka K. A design strategy for small molecule-based targeted MRI contrast agents: their application for detection of atherosclerotic plaques. Org & Biomol Chem 12(43): 8611-8, 2014. (IF 3.559)
  2. Makino H, Hokamura K, Natsume T, KimuraT, KamioY, Magata Y, NambaH, Katoh T, Sato S, Hashimoto T, Umemura K. Successful serial imaging of the mouse cerebral arteries using conventional 3T magnetic resonance imaging. J Cereb Blood Flow Metab 35(9):1523-7, 2015. (IF 4.929)
  3. Suzuki Y, Nagai N, Yamakawa K, Muranaka Y, Hokamura K, Umemura K. Recombinant tissue-type plasminogen activator transiently enhances blood-brain barrier permeability during cerebral ischemia through vascular endothelial growth factor-mediated endothelial endocytosis in mice. J Cereb Blood Flow Metab. 35 (12):2021-31, 2015. (IF 4.929)
  4. Inoue O, Hokamura K, Shirai T, Osada M, Tsukiji N, Hatakeyama K, Umemura K, Asada Y, Suzuki-Inoue K, Ozaki Y. Vascular Smooth Muscle Cells Stimulate Platelets and Facilitate Thrombus Formation through Platelet CLEC-2: Implications in Atherothrombosis. PLoS One. Sep 29;10(9):e0139357. doi: 10.1371, 2015. (IF 3.057)
  5. Iwaki T, Mizuma H, Hokamura K, Onoe H, Umemura k. [18F]FDG Uptake in the Aortic Wall Smooth Muscle of Atherosclerotic Plaques in the Simian Atherosclerosis Model. BioMed Res. Int. Article ID 8609274, http://dx.doi.org/10.1155/2016/8609274, 2015. (2.134)
  6. Tanaka T, Hokamura K, Umemura K. A potential new risk factor for stroke: Streptococcus mutans with collagen-binding protein. WORLD NEUROSURGERY. Impress 2018.

総説

  1. 外村和也、梅村和夫 ここまでわかった口腔細菌による全身疾患:最新の研究と臨床治験 新規脳卒中誘発口腔細菌の発見とそのメカニズム解明 、Jpn J clin Pharmacol ther 42 (2) Mar 2011.
  2. 外村和也、梅村和夫.頭蓋内出血を増悪するう蝕原因菌とそのメカニズムについて.血栓止血学会誌 23, 588-589, 2012
  3. 外村和也、梅村和夫、う蝕原因菌(むし歯菌)が脳出血を増悪する可能性、臨床栄養、2月号、132-133、2012
  4. 外村和也、梅村和夫、小川美香子、間賀田泰寛:Photochemical induced thrombosis (PIT)モデルによるイメージング、Thrombosis Medicine Vol.3 no.2 2013