国立大学法人 浜松医科大学

訪問者別 MENU
閉じる

ニュース

News

ホーム > ニュース一覧 > 英文雑誌「PLOS ONE」に研究成果が公表されました

英文雑誌「PLOS ONE」に研究成果が公表されました

2022年02月18日

音を利用した肺診断

 本学三浦克敏名誉教授は、超音波を利用する顕微鏡を用いて、加齢に伴って肺の中の細気管支、小動脈、肺胞の硬さが低下して、細気管支や肺胞が拡張し、動脈の弾性が低下することを明らかにしました。老年になると、肺の修復能が低下して、各部位がもろくなることがわかりました。本研究の結果より、肺が老化する機序の解明が進むことが期待されます。

 この研究成果は、英文雑誌「PLOS ONE」に日本時間2月18日に公表されました。

論文情報

論文タイトル:

Stiffness reduction and collagenase resistance of aging lungs measured using scanning acoustic microscopy
走査型超音波顕微鏡を用いた老化肺の硬度の低下とコラゲナーゼ抵抗性

>> 詳細はこちら(プレスリリース本文)PDF