国立大学法人 浜松医科大学

訪問者別 MENU
閉じる

ニュース

News

ホーム > ニュース一覧 > 医工連携の製品「ぐいぐいストレッチ」を発表しました

医工連携の製品「ぐいぐいストレッチ」を発表しました

 本学医学部附属病院リハビリテーション科の山内克哉病院教授と株式会社共臨社(静岡市駿河区)は、共同研究の成果として上肢の可動範囲や筋力の改善を目的としたトレーニングを行うリハビリテーション製品の「ぐいぐいストレッチ」を製品化し、7月15日(木)から販売を開始しました。
 この「ぐいぐいストレッチ」は、平成29年6月より始まった「ぐるぐるストレッチ」の産学協同研究開発の流れを汲み、本学の臨床現場のニーズを実用化したものです。
 株式会社共臨社が製造販売を担当し、3年後には年間500台の販売を目指しています。


 医工連携の成果を製品化 ~ぐいぐいストレッチ~