国立大学法人 浜松医科大学

訪問者別 MENU
閉じる

ニュース

News

ホーム > ニュース一覧 > 米国オンライン総合学術雑誌「Neurology Genetics」に研究成果が公表されました

米国オンライン総合学術雑誌「Neurology Genetics」に研究成果が公表されました

 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)神経研究所疾病研究第2部の李コウ研究員や井上健室長らの研究グループは、本学医化学講座才津浩智教授、神奈川県立こども医療センター遺伝科黒澤健司部長、熊本再春医療センターとの共同研究により、小児の遺伝性神経難病である先天性大脳白質形成不全症の1つ、Pol III関連白質変性症(Pol III-associated leukodystrophies)の新たな病態メカニズムを見出しました。

 本研究成果は米国東部標準時間2020年10月13日に、米国のオンライン総合学術雑誌「Neurology Genetics」に掲載されました。

 先天性大脳白質形成不全症の新たな病態メカニズムを発見
    ~Pol III関連白質変性症のケースより~