国立大学法人 浜松医科大学

訪問者別 MENU
閉じる

ニュース

News

ホーム > ニュース一覧 > 国際学術誌「Scientific Reports」に研究成果が公表されました

国際学術誌「Scientific Reports」に研究成果が公表されました

2023年04月06日

再発性呼吸器乳頭腫症の新規病態の解明
~重症度評価、新規治療法へ期待~

 本学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座の山田智史医師、三澤清教授、同ナノスーツ開発研究部の河崎秀陽准教授、琉球大学病院耳鼻咽喉・頭頸部外科らの研究グループは、本学で開発されたナノスーツ-CLEM法により、再発性呼吸器乳頭腫症でHPV粒子が形成される過程を世界で初めて可視化しました。さらに、HPV粒子を認める症例に重症例が多い事を明らかにしました。再発性呼吸器乳頭腫症の重症度評価への応用や新規治療法の開発が期待されます。

 この研究成果は、国際学術誌「Scientific Reports」に日本時間4月6日18時に公表されました。

論文情報

論文タイトル:

Association between Human Papillomavirus Particle Production and the Severity of Recurrent Respiratory Papillomatosis
DOI: 10.1038/s41598-023-32486-8

>> 詳細はこちら(プレスリリース本文)PDF