国立大学法人 浜松医科大学

訪問者別 MENU
閉じる

ニュース

News

ホーム > ニュース一覧 > 国際医学雑誌「Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology (ATVB)」に研究成果が公表されました

国際医学雑誌「Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology (ATVB)」に研究成果が公表されました

2022年03月18日

EPAやDHAの食事摂取によって動脈硬化モデルマウスの血管壁でNAD+が増加することを発見

 本学細胞分子解剖学講座の瀬藤光利教授、佐藤智仁特任助教らは、老化を防ぐ因子として世界中で注目を浴びているニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD+)2が、オメガ3脂肪酸であるエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)を食餌へ添加することで、動脈硬化モデルマウスの血管壁で増加することを発見しました。
 NAD+やその代謝物をイメージングできる技術は、組織採取から解析を行うまでの過程や、測定装置の改良など多くの課題がありますが、今後さらに老化関連疾患の研究に役立つことが期待されます。

 この研究成果は米国心臓協会 (American Heart Association: AHA)が発刊している国際医学雑誌「Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology (ATVB)」に日本時間2月10日に公表されました。

論文情報

論文タイトル:

NAD+ Levels are Augmented in Aortic Tissue of ApoE-/- Mice by Dietary Omega-3 Fatty
Acids
DOI: 10.1161/ATVBAHA.121.317166

>> 詳細はこちら(プレスリリース本文)PDF