国立大学法人 浜松医科大学

訪問者別 MENU
閉じる

ニュース

News

ホーム > ニュース一覧 > 日常の運転と認知機能の関係性について実証事業を開始します

日常の運転と認知機能の関係性について実証事業を開始します

 本学は、スズキ株式会社、浜松市と協働し、「高齢ドライバーにおける日常の運転行動特性と認知機能の関係性:前向きコホート研究」を開始します。
 浜松市は、市民の皆様の疾病・介護予防や健康増進につながる社会実証事業を実施する官民連携組織として「浜松ウエルネス・ラボ」を2020年4月に設置しました。本実証事業は、「浜松ウエルネス・ラボ」の取り組みの一環として実施するものです。 


  日常の運転と認知機能の関係性について、浜松市で実証事業を開始
   ~安全に長く運転を続けられる社会の実現を目指して~