国立大学法人 浜松医科大学

訪問者別 MENU
閉じる

ニュース

News

ホーム > ニュース一覧 > 新型コロナウイルスの偽陽性、偽陰性患者を検出する検証実験を実施します

新型コロナウイルスの偽陽性、偽陰性患者を検出する検証実験を実施します

 本学は、浜松市の協力、(株)日立社会情報サービス、(株)タウンズ、NanoSuit(株)の協賛のもと、イムノクロマトグラフィ(抗原検査)の新検査法を用いて、今冬、新型コロナウイルスの偽陽性、偽陰性患者を検出する検証実験を実施します。
 本実証実験では本学光尖端医学教育研究センターナノスーツ開発研究部と医学部附属病院検査部が協力して、新型コロナウイルスとインフルエンザウイルス感染疑い患者に対してイムノクロマトグラフィとPCR検査を同時に行います。抗原検査とPCR検査の結果に差がでた症例に関して、世界最高感度でイムノクロマトグラフィ法であるナノスーツ法-卓上電子顕微鏡を用いて再検証を行い、臨床情報と比較検討することにより正確な偽陽性・偽陰性の検出を試み、感染性のある症例の抽出を検討します。本実証実験により自治体・住民の安心・負担軽減につながることを目指します。

 

 「withコロナ」社会の負担を減らし 国民の安心を促進する新検査技術の実証実験
   〜電子顕微鏡を用いた新型コロナウイルスの高精度抗原検査〜