国立大学法人 浜松医科大学

訪問者別 MENU
閉じる

ニュース

News

ホーム > ニュース一覧 > 英国・米国の科学雑誌PeerJに研究成果が公表されました。

英国・米国の科学雑誌PeerJに研究成果が公表されました。

 子どものこころの発達研究センター(武井教使センター長)の青柳早苗研究員と土屋賢治特任教授らの研究グループは、1,258名の新生児と1,138名のその母親が参加する「浜松母と子の出生コホート」を通じて、母親の「産後うつ」が乳幼児の話しことばの発達をおよそ3年間にわたって遅延させる可能性があることを明らかにしました。 

 この研究成果は、3月6日(日本時間)に英国・米国の科学雑誌「PeerJ」に掲載されました。


   母親の産後うつが乳幼児のことばの発達に与える影響を解明