国立大学法人 浜松医科大学

訪問者別 MENU
閉じる

ニュース

News

ホーム > ニュース一覧 > 英国の学術誌eLifeに研究成果が公表されました。

英国の学術誌eLifeに研究成果が公表されました。

 光尖端医学教育研究センター ナノスーツ開発研究部 針山 孝彦 特任教授、総合人間科学講座 生物学 山濵 由美 博士と、国立研究開発法人 産業技術総合研究所 二橋 亮 主任研究員、深津 武馬 首席研究員、川口 研 主任研究員らと、国立大学法人 名古屋工業大学 石井 大佑 准教授、学校法人 東京農業大学 矢嶋 俊介 教授、川原(三木) 玲香 博士研究員らは共同で、トンボ由来の紫外線反射物質を同定しました。

 日本全国に広く生息するシオカラトンボは、オスが成熟過程で紫外線を反射するワックスを分泌します。今回、その紫外線反射ワックスが、従来知られていた他の生物のワックスと異なり、極長鎖メチルケトンと極長鎖アルデヒド(いずれも具体的な機能や性質はほぼ未解明)が主成分であることが分かりました。さらに、極長鎖メチルケトンを化学合成して結晶化させたところ、強い紫外線反射能と撥水性が再現されました。

 この研究成果は、2019年1月15日(英国時間)に英国の学術誌eLifeにオンライン掲載されました。

 トンボ由来の紫外線反射物質を同定
  - トンボが分泌するワックスの主成分を化学合成し強い紫外線反射と撥水性を実現 ー