国立大学法人 浜松医科大学

訪問者別 MENU
閉じる

ニュース

News

ホーム > ニュース一覧 > 米国科学振興協会の科学雑誌に研究成果が公表されました。

米国科学振興協会の科学雑誌に研究成果が公表されました。

 本学訪問共同研究員の中原大一郎名誉教授と埼玉医科大学の村上元講師らの研究グループは、依存物質を繰り返し摂取することで、免疫応答に重要な因子である主要組織適合遺伝子複合体クラスI(MHCI)の発現がドーパミン神経細胞で持続的に減少し、薬物依存を引き起こすことを発見しました。この発見により、全く新しい薬物依存のメカニズムが明らかになり、ドーパミン神経細胞が関与する発達障害等の精神疾患の解明にも繋がることが期待されます。  
 米国科学振興協会の科学雑誌「Science Advances」オンライン版で発表されました。

 
         研究成果プレス資料はこちら