国立大学法人 浜松医科大学

トピックス

ホーム > 大学トップページ > ニュース > 離乳期早期の鶏卵摂取は鶏卵アレルギー発症を予防

離乳期早期の鶏卵摂取は鶏卵アレルギー発症を予防

 国立成育医療研究センターアレルギー科の大矢幸弘医長、夏目統(おさむ)(現・浜松医科大学小児科、同研究所、徳島大学らのグループは、生後6ヶ月より固ゆで卵を少量ずつ摂取させることにより、子どもの食物アレルギーの中で最も頻度の高い鶏卵アレルギーを8割予防できることをランダム化比較試験で実証しました。
 この研究成果は、英国時間20161282330分(日本時間129830分)世界最高峰の臨床医学雑誌の一つであるランセット(The Lancet)より発表されました。
 国立成育医療研究センターと本学でプレスリリース説明会を2回実施しました。

      
     プレス資料はこちら


本学での説明会(夏目先生)