国立大学法人 浜松医科大学

訪問者別 MENU
閉じる

ニュース

News

ホーム > ニュース一覧 > 大学改革に関する外部有識者講演会を開催しました

大学改革に関する外部有識者講演会を開催しました

 3月3日(水)臨床講義棟大講義室をメイン会場とし、静岡大学静岡キャンパス、浜松キャンパスの両会場を繋ぐとともに両学の教職員が各自のデスクからweb参加する形式により「大学改革に関する外部有識者講演会」を開催しました。
 今回の講演会は、浜松市医師会長の滝浪實先生をお招きし、現在、本学と静岡大学が進めている法人統合・大学再編により、大学の機能強化を図り、地域社会のみならず日本、世界に貢献できる大学となるため、本学が中心となる医療分野における社会ニーズを把握し、地域貢献力を高める目的で開催したものです。
 第一部の滝浪先生のご講演は、徳川家康ゆかりの浜松、静岡の歴史からご自身の静岡大学との共同研究のご経験や地元自治体の期待など地方創生、地域活性化に資するご講演をいただきました。
 第二部は、本学の渡邉理事の司会で、山本理事、滝浪先生による「世界に立ち向かう「強み」を伸ばし、地方創生・地域活性化に資する国立大学になるために」と題して浜松地区の新大学について、意見交換を行いました。国立大学が置かれている現状と社会の変化に対応していくため大学改革の必要性などが意見交換され、web参加いただいた静岡大学の教員の方からもご意見を伺うなど、両学の連携を更に深める講演会となりました。