国立大学法人 浜松医科大学

訪問者別 MENU
閉じる

ニュース

News

ホーム > ニュース一覧 > 笠井小学校で社会貢献事業「みんなで学ぼう!感染対策2020~きちんとできているかな~」を実施しました

笠井小学校で社会貢献事業「みんなで学ぼう!感染対策2020~きちんとできているかな~」を実施しました

 12月10日(木)に、本学附属病院感染対策室が企画・主催の社会貢献事業「みんなで学ぼう!感染対策2020~きちんとできているかな~」を笠井小学校にて実施し、5年生74名が参加しました。
 実習では、いつもの手洗いがしっかりできているか、手洗チェッカーを使って洗い残しを確認しました。また、マスクの正しい着け方や、実際に病院で使用している防護具を身につける体験をしました。
講義では、目に見えない微生物が引き起こす感染症と感染対策について、普段生活している身の回りや私たちの体の中にたくさんの細菌が存在していることを理解し、感染予防の重要性や正しい方法について学びました。
 参加した小学生からは「感染症の怖さや感染対策の重要さを学べた。手洗いでは洗い残しがいっぱいあったので、もっとしっかり手洗いをしたい」、「防護服を着たり、正しいマスクのつけ方を知れてよかった」といった声があり、感染対策についてしっかりと学ぶことができた様子でした。


(授業内容)  
①実習「手洗いの実習」
②実習「マスクの使い方の実習」
③講義「目に見えない微生物が引き起こす感染症と感染対策」
質疑応答

医学科学生による手洗い講義の風景
手洗い後、確認した洗い残しをスケッチ中 
防護具の着脱体験の様子
感染対策室医師による講義風景