国立大学法人 浜松医科大学

訪問者別 MENU
閉じる

ニュース

News

ホーム > ニュース一覧 > 国際学術誌「PLOS ONE」に研究成果が公表されました

国際学術誌「PLOS ONE」に研究成果が公表されました

 本学基礎看護学講座健康科学分野の三浦克敏教授は、超音波を用いた音速計測によって血管の老化の機序の一端を解明しました。血管は年を取るにつれて硬くなると言われています。年を取ると脂質が溜まる動脈硬化が進み、石灰化も現れます。今回、64名の解剖例を用いて腎動脈の弾性を調べ、動脈の主要な部分である中膜平滑筋の弾性が加齢にともなって低下していくことを明らかにしました。これにより、血管が老化する機序の解明が進むことが期待されます。

 この研究成果は、国際学術誌「PLOS ONE」に日本時間2020年11月5日(木)に公開されました。

 超音波を使った血管老化の解明