国立大学法人 浜松医科大学

トピックス

ホーム > 大学トップページ > ニュース > 大規模災害対応に関する協定を締結しました。

大規模災害対応に関する協定を締結しました。

大規模災害対応に関する協定の締結風景 今野学長の挨拶

 6月14日(水)、学士会館(東京)にて、東海地区の8国立大学法人が、「東海地区国立大学法人の大規模災害対応に関する協定」を締結しました。
 浜松医科大学、岐阜大学、静岡大学、名古屋大学、愛知教育大学、名古屋工業大学、豊橋技術科学大学及び三重大学の8大学が、南海トラフの地震等、東海地区の広域が被災する大規模な自然災害等を主に想定し、相互に連携・協力して十分な事前準備と迅速かつ的確な対応を行うことにより、大学への災害の影響を減らし、教育研究活動等の継続・復旧を推進するとともに、地域社会の減災並びに復旧・復興に寄与することを目的としています。