トピックス

ホーム > 大学トップページ > ニュース > 平成28年度学位記授与式を挙行しました。

平成28年度学位記授与式を挙行しました。

 3月13日(月)、アクトシティ浜松 中ホールにおいて、平成28年度浜松医科大学学位記授与式を挙行し、医学科119名、看護学科65名、大学院博士課程23名、修士課程21名及び論文博士9名の計237名が卒業しました。
 開式前には、浜松医科大学学生管弦楽団による「花のワルツ」(チャイコフスキー作曲バレエ組曲「くるみ割り人形」より)の演奏が行われ、厳かな雰囲気の中での開式となりました。
 式では、学位記の授与、医学科2名及び看護学科1名の成績優秀者に対する学生表彰に続き、今野学長から、「医療人として医学研究者として"自律"を常に意識してほしい。自律とは、医療人とは何か、どうあるべきか自問自答し、多くの経験から自らのあり様を形作る、いわば内面の独り立ちです。失敗を恐れず、いろいろなことにチャレンジし、自らの倫理観、価値観を豊かなものにし、自律したプロフェッションとなることを願っています。」との式辞がありました。
 それぞれの卒業生代表者から、「生涯にわたり研鑽を積み、医師・医学研究者として社会に貢献できるよう情熱を持って邁進する所存です。」「患者様を中心に、他職種と協力してチームで医療を提供していくことの重要性を学ぶことができました。」「この先、私達は一人ひとり、違った目標をもって進んで参りますが、基礎研究で得た様々な知識や技術をもって、向かってくる大きな波を1つ1つ乗り越えていきたいと思います。」と謝辞がありました。

学位記授与式風景