国立大学法人 浜松医科大学

訪問者別 MENU
閉じる

ニュース

News

ホーム > ニュース一覧 > 第17回浜松医科学シンポジウムを開催しました。

第17回浜松医科学シンポジウムを開催しました。


 11月20日(金)、病院3階第一集会室にて、第17回浜松医科学シンポジウムを開催しました。
 平成26年度の本学研究プロジェクト事業に採択された研究者から、4名の方に研究成果を報告していただきました。

 ・動物実験施設 助教 高林秀次 
   「ICRマウスから発見された疾患モデルマウスの解析とCRISPR/Cas9システムを用いたgenotyping法 の開発」
 ・検査部 助教 河野雅人
   「特発性肺線維症における新規血清マーカーとしてのMac-2結合蛋白糖鎖修飾異性体
      (Mac-2 binding protein glycosylation isomer: M2BPGi)の臨床的有用性の検討」
 ・基礎看護学 助教 村松妙子
   「看護学生の倫理観に影響する要因と道徳的感受性の特徴に関する質問紙調査」
 ・第二外科 医員 佐野真規
   「二次性リンパ浮腫における皮膚硬化の病態解明と新しい薬物治療」


       発表風景