国立大学法人 浜松医科大学

訪問者別 MENU
閉じる

ニュース

News

ホーム > ニュース一覧 > メディカルイノベーションフォーラム2015を開催しました。

メディカルイノベーションフォーラム2015を開催しました。


 2月26日(木)に、本学主催の「メディカルイノベーションフォーラム2015」を浜松市内で開催しました。
 メディカルイノベーションフォーラムは、浜松・東三河地域を中心とした医療分野の製品・技術開発の推進を目的として開催され、今回で第8回目を迎えます。
 本地域は、浜松・東三河ライフフォトニクスイノベーション(文部科学省地域イノベーション戦略支援プログラム)、文部科学省革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)に採択され、産学官が一丸となって積極的に光・電子技術を基盤とした新産業創出を進めているところです。
 平成22年度からは「はままつ次世代光・健康医療産業創出拠点」(JST地域産学官共同研究拠点整備事業)が設置され、医工連携活動を活発に展開してきました。加えて、平成26年度には本学が厚生労働省の国産医療機器創出促進基盤整備等事業の実施機関として採択されたことを受けて、地域の医療機器企業の開発を担う人材の育成が図られ、新たな医療機器開発に関する医工連携活動の展開が期待されています。
 今回のメディカルイノベーションフォーラムは、国立循環器病研究センターの妙中義之先生をお招きして、基調講演をお願いしました。また、地域の産・学・官のパネリストの方々が医療機器開発に関する取り組みや課題について議論しました。
 静岡県、浜松市、商工会議所、企業、銀行、大学、病院など各方面から約130名が参加しました。

  フォーラム実施風景