国立大学法人 浜松医科大学

教育

Education

カリキュラムポリシー

教育の内容・方法

  1. 修士論文コースでは、看護学に関する基本的な知識と、健康科学に関する専門的な知識を土台とし、その上に基礎看護学、成人・老人看護学、母子看護学、地域・精神看護学の四つの専門分野に分かれる。それぞれの分野における高度な知識と研究能力を育成できるよう授業科目を設けている。

  2. 高度看護実践コースでは、CNS専門看護師教育課程コースのクリティカルケア看護(急性・重症患者看護)に関する高度な知識と実践を習得できるよう授業科目を設けている。

  3. 助産師養成コースでは、周産期医療・母子保健の発展に貢献できる研究者及び教育者となる素地を備え、さらに高度実践力及びマネジメント力を備えた指導的立場に立てる人材の育成をめざし、共通科目、助産学基礎科目、高度実践科目及び研究に関する科目を設けてカリキュラムを構成している。

履修指導、研究指導の方法

 高度な知識・技術の取得や研究方法を学ぶために、指導教員が直接、履修や研究の指導を行い、必要と認められた場合には副指導教員も配置します。

専門科目