国立大学法人 浜松医科大学

大学紹介

University Introduction

医用動物資源支援部

部長 教授 北川 雅敏  副部長 高林 秀次

医用動物資源支援部が管理する動物実験施設は昭和52年に第1期、55年に第2期、58年に第3期そして平成24年に増設棟が竣工され、4階建の床面積3465m2の動物実験棟である。マウス、ラットの小動物からウサギ、カニクイザル等の動物を飼育・実験する設備を有する。近年では、エレクトロポレーション装置及びマイクロインジェクション装置等を導入し、利用者に対するゲノム編集技術による遺伝子改変動物の作成支援を行っている。