国立大学法人 浜松医科大学

教育

Education

ホーム > 教育 > 連合小児発達研究科 > 連合小児発達学研究科 研究領域概要

連合小児発達学研究科 研究領域概要

画像生物学

担当教員名
尾内康臣 教授、岩渕俊樹 助教、山末英典 教授、横倉正倫 助教、原田妙子 助教
研究内容
画像生物学イメージ画像fMRI(機能的核磁気共鳴画像法)やPET( 陽電子放出型断層撮影)をはじめとする機能画像法は生体情報を非侵襲的かつ客観的に描出できる優れた特性を持ち、さまざまな病態の診断や治療効果 判定の手段として広く普及している。画像生物学では、これらの生体イメージング手法の対象となる脳の機能について学ぶとともに、イメージングにより得られるデータの処理法や解釈の仕方を身につけ、小児の発達における脳機能イメージング手法の優位性を学習する。

社会支援学

担当教員名
辻井正次 客員教授、土屋賢治 教授、崔多美 助教
研究内容
社会支援学イメージ画像発達障害児・者が健常者と均等に生活できるためには、彼らの持つ障害の特性を理解し、個々の発達段階に応じた適切な支援を行うことが不可欠である。社会支援学では、子どもから成人にいたる発達過程の理解に基づいた支援、障害児・障害者のおかれた環境に応じた支援、および、支援する側への支援、という多角的な観点からの支援方策を学ぶ。さらに、医学的診断を含めた個々の子どもの査定方法、査定された障害を持つ子どもに対する個別支援プログラム作成の仕方、実施方法、効果評価法について学習する。

疫学統計学

担当教員名
武井教使 教授、桑原斉 准教授、西村倫子 助教
研究内容
疫学統計学イメージ画像ヒトの発達や行動を研究対象とする場合、発達や行動のどの側面に注目するか、それをどのように客観的に測量するか、対象をいかに的確にサンプリングするか、得られた測定値からどんな科学的事実が演繹されるか、また、研究仮説が科学的に立証されたかなど、順次マクロからミクロに向かう視座を必要とする。疫学統計学を学ぶことにより、この視座が容易に開かれる。疫学統計学では、科学的な考え方に基づいた研究デザイン、データ解釈の方法、統計学的解析法について学習する。

前ページへ戻る