国立大学法人 浜松医科大学

教育

Education

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー

豊かな学識と優れた技能を有し、社会の要請に応え得る、高度な専門性と実践能力を備えた看護のプロフェッショナルを育成するために、以下の人材を求めています。

求める学生像

  1. 科学的・論理的思考ができ、更に視野を広げたい人
  2. 新たな課題を自ら求め、創造的・先駆的研究を行う意欲を持つ人
  3. 倫理観と人間性をより深め、指導的役割を果たす意欲を持つ人
  4. 人類の健康と福祉に貢献し、国際的に活躍を目指す人
助産師養成コースについて
  1. 生命の誕生に、責任を持って真摯に向き合える誠実な人
  2. 看護学を基盤とした倫理観を持ち、人間性をより深めるための探究心を持っている人
  3. コミュニケーションを大切にし、思いやりを持って人々と関われる人
  4. 広い視野で現代社会をとらえ、柔軟な発想で母子保健を取り巻くさまざまな課題に興味を持っている人
  5. 自ら学ぶことができる人
  6. 高度なケアを提供できる実践者、指導的な役割を担う教育者・研究者を目指している人

入学者選抜の基本方針

「求める学生像」に沿った人材を、大学卒業者だけではなく看護関連業務の実務経験を有する社会人にも積極的に求めています。

修士論文コース・高度看護実践コースでは、英語、小論文、口述試験、成績証明書及び研究志望調書により学力やその他の資質を総合的に評価し、合格者を決定します。

助産師養成コースでは、専門科目の学力検査、口述試験、成績証明書及び研究志望調書により学力やその他の資質を総合的に評価し、合格者を決定します。

カリキュラム・ポリシー

大学院医学系研究科博士前期課程(看護学専攻)は、医療技術の高度化、人口の高齢化に伴う社会的ニーズの増大及び生活の質を重視する価値観の広がり、人々の質の高いケア等に対応できる看護実践者の育成を行うため、以下のような教育課程を編成・実施し、学修成果を評価します。

教育課程編成の考え方及び学習内容・学習方法

1.高度な専門知識と技術の向上開発を図る能力

共通科目及び専門科目を開講し、看護学に関する知識と、健康科学に関する専門的な知識を土台に、その上に基盤看護学、成熟期看護学、成育看護学、広域看護学、助産学の5つの専門分野における高度な知識の修得を図ります。

2.専門性の高い教育的能力

共通科目及び専門科目を開講し、変革する保健医療福祉分野のチームのリーダー・教育者として、専門性の高い教育的能力を育成します。

3.専門性と倫理観に基づいた研究能力

共通科目及び専門科目を開講し、現在の看護学や看護実践をさらに発展させるための専門性と倫理観に基づいた実践能力と各専門分野における科学的探究能力を育成します。

4.新しい課題にチャレンジできる能力

共通科目及び専門科目を開講し、最新の研究や医療の動向に目を向け、新しい課題にチャレンジできる能力を育成します。

5.文化的、社会的背景を踏まえた社会貢献能力

共通科目及び専門科目を開講し、グローバル化する保健医療福祉における健康問題を見据え、国内外で広く社会に貢献できる能力を育成します。

学修成果の評価方法

授業科目のシラバスの評価方法に基づき、適正に評価します。修士論文または修了課題に関しては審査委員会における論文・口頭試問の内容、公開研究発表会における発表を審査基準に基づいて評価を行います。

ディプロマ・ポリシー

大学院医学系研究科看護学専攻(博士前期課程)は、医療技術の高度化、人口の高齢化に伴う社会的ニーズの増大及び生活の質を重視する価値観の広がり、人々の質の高いケア等に対応できる看護実践者の育成を行います。
このため、修了時までに以下の力を備えた学生に学位を授与します。

1.高度な専門知識と技術の向上開発を図る能力

現在および将来の保健・医療・福祉分野におけるさまざまな課題を解決するために、研究や理論に裏付けられた高度な問題解決能力。

2.専門性の高い教育的能力

変革する保健医療福祉分野のチームのリーダー・教育者として、専門性の高い教育的能力。

3.専門性と倫理観に基づいた研究能力

現在の看護学や看護実践をさらに発展させるための専門性と倫理観に基づいた実践能力と各専門分野における科学的探究能力。

4.新しい課題にチャレンジできる能力

最新の研究や医療の動向に目を向け、新しい課題にチャレンジできる能力。

5.文化的、社会的背景を踏まえた社会貢献能力

グローバル化する保健医療福祉における健康問題を見据え、国内外で広く社会に貢献できる能力。